テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


中山神社 (なかやまじんじゃ)

本殿は「中山造り」と呼ばれる珍しい建築様式
概要 【主祭神『鏡作神』(かがみつくりのかみ)】
 鏡作部の祖神 石凝姥神の御神業を称えた御名です。

中山神社の鳥居は、1791年(寛政3年)の作。
高さは約11メートル。花岡岩製。
両柱を支える貫はあるのですが、その柱より出た部分=木鼻がまったくないため全国的に珍しく評価されています。

本殿は、単層入母屋造妻入・桧皮葺です。
大正3年に国指定文化財に指定されました。
中山造と呼ばれ、美作の多くの神社の模範とされました。

【総神殿(そうしんでん)】
山上山下120社を合祀。寛保2年再建。御手洗川手前にあったものを大正2年に移築したものです。

【国司社(くにししゃ)】
地主神として大国主命を祀ったものです。社殿の横には「鉾立石」があり、国難の際、本殿に移し、祈念されました。

【御先社(みさきしゃ)】
中山の神の祖神を祀っています。中山の神の側にあって供をするという義で、一般には、稲荷神として信仰されています。

【猿神社(さるじんじゃ)】
今昔物語26巻にみえる「中山の猿」の霊を祀るとされています。現在、猿田彦神として祀られています。牛馬の安産守護の神と信仰を受け、今もなお、ぬいぐるみの子猿を奉納する風習が残っています。
特徴
所在地 岡山県津山市一宮695
TEL 0868-27-0051
アクセス JR津山線津山駅/西田辺方面行きバス20分/中山神社前下車
中国自動車道院庄IC/車15分
駐車場 普通車60台
バス20台
主な神社
神名 鏡作尊
天糠戸命
石凝姥命
郷土自然保護地域
指定年月日 平4年3月13日
規模(大きさ) 6.78ha
建造物
指定 国指定
所有者 中山神社
規模(数量) 1棟
職業・商売に関するもの
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る