テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


鷲羽山 (わしゅうざん)

展望台からの眺めは瀬戸内屈指の撮影ポイント
鷲羽山から瀬戸大橋を望む
概要 鷲羽山は、多島美を誇る瀬戸内海屈指の展望地で、鷲が羽を広げたように瀬戸内海へ突き出ているところから「鷲羽山」という名がついたといわれています。
標高133mの頂上「鍾秀峰(しょうしゅうほう)」に登れば、東は播磨灘から西は水島灘まで250度に渡る展望が開け、かつて文豪徳富蘇峰をして「内海の秀麗ここに集まる」と絶賛させたほどです。
麓から山頂にかけては遊歩道が整備されており、いたるところから本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋」と備讃瀬戸の多島美を眼下に見渡すことができます。
特徴 日本初の国立公園として知られる瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地です。とりわけ、鷲羽山から見た瀬戸内海に沈む夕景は絶景です。
所在地 岡山県倉敷市下津井田之浦1-1
TEL 倉敷市役所児島支所産業課 086-473-1115
URL http://www.kurashiki-tabi.jp/see/1272/
アクセス JR瀬戸大橋線児島駅/下津井循環バス30分/鷲羽山第二展望台下車徒歩5分
瀬戸中央自動車道児島IC/車10分
駐車場 普通車約400台 バス約44台
海及び諸島
日の出
特徴 鷲羽山は,多島美を誇る瀬戸内海屈指の展望地で,鷲が羽を広げたように瀬戸内海へ突き出ているところからその名がついたといわれる。標高133mの頂上「鍾秀峰」に登れば,東は播磨灘から西は水島灘まで250度に渡る展望が開け,かつて文豪徳富蘇峰をして「内海の秀麗ここに集まる」と絶賛させたほどである。麓から山頂にかけては,遊歩道が整備されており,いたるところから本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋」と備讃瀬戸の多島美を眼下に見渡すことができる。
夕日
特徴 鷲が羽を広げたように瀬戸内海に突き出ている標高133mの景勝地。頂上「鍾秀峰」に登れば,東は播磨灘から西は水島灘まで,250度に渡る展望が開ける。鷲羽山から見た瀬戸内海に沈む夕陽は,「日本の夕陽百選」に選定されている。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る