金山寺会陽

きんざんじえよう

約650年前から行われている伝統行事で、現存する県下の会陽(はだかまつり)の中では一番年の初めに行われます。毎年2月の第1土曜日に開催。
金山寺の境内で裸姿の男たちが、宝木(しんぎ)を求め激しい争奪戦を繰り広げます。
当日は21:30、住職が本堂から5本の副宝木を投げ入れ前哨戦がスタートします!
その後22:30熱気に包まれた境内の裸群に陰陽2本の宝木が投下されます。
23:00過ぎ2組の福男が勇んで宝木をいったん寺に奉納し、改めて世話役が祝主宅へ出向き、行事の終わるのは夜明け頃になります。

エリア
備前
カテゴリ
祭り・伝統行事

基本情報

開催期間 開催終了 2019年2月2日(土)
開催場所 金山寺
住所 〒701-2151 岡山県岡山市北区金山寺481
電話番号 086-228-0926(金山寺)
公式サイト
交通アクセス(車)山陽自動車道岡山ICから約30分
交通アクセス(公共)JR岡山駅からタクシー約20分
駐車場なし
備考毎年2月第1土曜日

マップ

周辺スポットを表示