林原美術館 特別展「第13回 お守り刀展覧会」

はやしばらびじゅつかん とくべつてん だい13かい おまもりがたなてん
時代を越え、伝える心。

古来よりお守り刀は、多くの職方の手を渡って製作されてきました。その一口を作るためには、作刀・刀剣研磨・木工芸・金工芸・漆芸・組紐といった日本伝統美術工芸の粋が込められています。本展は、現代の匠による、珠玉の新作お守り刀の展覧会にて、全国より公募し、審査・表彰されたお守り刀総出品数32点を展覧いたします。
さらに、「拵・刀装具の美 高山一之の世界」と題して、国の選定保存技術保持者に認定(2018年)された刀装(鞘)製作修理の高山一之氏が監修・製作された22点の拵も同時に展覧いたします。現代名工達の競演をご覧ください。

エリア
備前
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2018年11月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)
開催時間 10:00~17:00
※入館受付は16:30まで
開催場所 林原美術館
住所 〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
電話番号 086-223-1733(林原美術館)
公式サイト
営業時間10:00~17:00
※入館受付は16:30まで
定休日【休館日】
 月曜日(祝日等休日の場合は翌日)、年末年始(12月25日~1月3日)
 ※暴風警報及び特別警報が発令された場合、臨時的に休館となる場合があります。
料金【入館料】
 一般800円、高・大学生500円、中学生以下無料  
 ※お着物にてご来場の方無料
  友の会会員・学校メンバーズ団体300円
  障害者手帳提示の方・付添者は無料
  団体(20名様以上)2割引
交通アクセス(車)山陽自動車道岡山ICから約20分
交通アクセス(公共)JR岡山駅から岡電高屋行き(県庁経由)バス約15分、「県庁前」下車、徒歩約3分または、路面電車東山行きで約5分、「県庁通」下車、徒歩約7分
駐車場普通車7台
備考【関連イベント】
◆特別展示解説「拵・刀装具の美 高山一之の世界」
 日時:2018年11月18日(日)13:30~15:00 
 講師:高山一之 氏(鞘師)
 参加費:入館料のみ

◆スペシャル日本刀対談その1 沸(にえ)物対談
 日時:2018年11月24日(土)11:00~12:30
 定員:50名(事前申込不要、当日先着順)
 参加費:入館料のみ
 パネラー:上山陽三 氏・宗信安 氏(刀匠)
 コーディネーター:かまたきみこ 氏(漫画家)

◆スペシャル日本刀対談その2 師弟対談
 日時:2018年11月25日(日)13:30~15:00
 定員:50名(事前申込不要、当日先着順)
 参加費:入館料のみ
 パネラー:久保善博 氏・明珍裕介 氏(刀匠)
 コーディネーター:かまたきみこ 氏(漫画家)

◆特別講演会「月山の刀づくり」
 日時:2018年12月2日(日)13:30~15:00
 講師:月山一郎 氏(刀匠)
 定員:50名(事前申込不要、当日先着順)
 参加費:入館料のみ

◆御刀鑑賞会(刀身・外装)
 日時:(刀身について)2018年12月9日(日)13:30~15:00
    (外装について)2018年12月16日(日)13:30~15:00
 講師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠、刀剣職方
 定員:各15名(要予約)
 参加費:2,000円(保険料含む)※入館料別途
 場所:林原美術館

◆御刀手入れ講習会
 日時:2018年11月23日(金・祝)・2019年1月14日(月・祝)
    13:30~15:00
 講師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠
 定員:各10名(要予約)
 参加費:2,000円(保険料含む)※入館料別途
 場所:林原美術館

◆刀職者による銘切り
 2018年11月17日(土)、12月1日(土)・15日(土)、2019年1月12日(土)
 10:00~16:30(展示解説ツアー時間外)
 プレート+銘切1枚1,200円(税込み)

◆刀匠と学芸員による展示解説ツアー
 会期中の毎土曜日・14:00~15:00

◎イベントの詳細はチラシ、または公式サイトをご覧ください。
関連資料

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示