新見美術館 平成30年度企画展「華麗なる新見美術館コレクション2018/2019 鉄斎・大観・栖鳳・玉堂・関雪 五大巨匠展」 

にいみびじゅつかん へいせい30ねんどきかくてん かれいなるにいみびじゅつかんコレクション2018 2019 てっさい たいかん せいほう ぎょくどう かんせつ ごだいきょしょうてん

2017年から2019年にかけ、富岡鉄斎没後95年、横山大観生誕150年、竹内栖鳳生誕155年、川合玉堂没後60年、橋本関雪生誕135年というように、それぞれ節目の年を迎え、各地で記念展が開催されています。彼らは、近代日本美術史に残る名作を生み出し、その精神は次代の新鋭たちに受け継がれ、現代においても脈々と生き続けています。本展では、当館コレクションの中核となる鉄斎を中心に、大観、栖鳳、玉堂、関雪の五大巨匠の作品を紹介します。
また、同時開催として、新見出身の洋画家・藤井哲の素描を特集展示します。

エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 開催終了 2019年1月26日(土)~4月7日(日)
開催時間 9:30~17:00
※入館は閉館30分前
開催場所 新見美術館
住所 〒718-0017 岡山県新見市西方361
電話番号 0867-72-7851(新見美術館)
公式サイト
定休日【休館日】
 月曜日(但し、2月11日[月]は開館し、翌12日[火]休館)
料金【観覧料】
 一 般400(350)円、中高生250(200)円、小学生150(100)円
 ※( )内は15人以上の団体料金
  障がい者手帳をお持ちの方は半額
  市内小中学生は観覧無料、高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約7分
交通アクセス(公共)JR新見駅から徒歩約10分
駐車場普通車30台、バス2台
備考◎イベントの詳細はチラシ、または公式サイトをご覧ください。
関連資料

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示