生誕100年 堀文子追悼展 ~旅人の記憶~

せいたん100ねんほりふみこついとうてんたびびとのきおく

自然への畏敬や生命の不思議に対する感動を持ち続け、独自の感性と表現によって多彩な作品を生み出した堀文子。
本展では、2019年2月5日に100歳で亡くなった孤高の女性画家・堀文子の、80年に及ぶ画業を振り返り、その遠大で魅力に満ちた絵画世界を紹介します。『群れない』『慣れない』『頼らない』を信条に100年の人生を歩んだ画家の創作の軌跡を、初期作品から最後の作品となった『紅梅』まで約100点を展示します。

エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 開催終了 2019年6月1日(土)~7月21日(日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 新見美術館
住所 〒718-0017 岡山県新見市西方361
電話番号 0867-72-7851(新見美術館)
公式サイト
定休日月曜日(但し、7月15日(月)は開館)
料金一般800円(700円)、大学生500円(400円)、中高生300円(250円)、小学生200円(150円)
※カッコ内は15名以上の団体料金
※障害者手帳などをお持ちの方は半額
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は、土・日・祝休日に限り観覧無料
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約7分
交通アクセス(公共)JR新見駅から徒歩約10分
駐車場乗用車:30台 バス:2台
備考※6月1日(土)11:00~、女優・檀ふみ氏によるオープニングスペシャルミニトークショーを展示室で開催されます。先着順で観覧料が必要です。
※6月8日(土)、9日(日)各回14:00~、新見ゆかりの日本画家・多摩美術大学最後の堀文子教室生・新恵美佐子氏によるスペシャルゲストトークも開催されます。観覧料が必要です。
※6月9日(日)10:00~12:30、新見美術喫茶休憩室にて、新恵美佐子氏によるワークショップ「野の花を岩絵の具で描こう!」が開催されます。観覧料・材料費込みで1,000円。先着順15人です。材料はすべて用意します。汚れてもよい服装での参加をお願いします。ワークショップに参加されたい方は、予約をお願いします。
※6月15日(土)、29日(土)、7月13日(土)、20日(土)の各回14:00~同館学芸員による展示解説も行われます。観覧料のみ必要です。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示