特別展 生誕90年 時実新子展

とくべつてん せいたん90ねん ときざねしんこてん

生誕90年を迎える川柳作家・エッセイストの時実新子は、現在の岡山市東区九蟠に生まれました。昭和20年の敗戦とともに、学徒動員解除の後、親の意向により17歳で姫路の文房具店「まるとや」に嫁ぎました。25歳の時に川柳と出会い、以後新聞への投句を続け、生涯、川柳を携えて生きた。時実新子が川柳を通じて発する「ことば」で人々を癒し、勇気づけ、今なお全国の「新子ファン」を魅了しています。私史「花の結び目」をもとに、全句集に載らなかった川柳作品を含めた遺作、愛用品を展示し、時実新子の「ことばの力」にせまります。

エリア
備前
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 開催終了 2019年6月9日(日)~9月1日(日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 吉備路文学館
住所 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方3-5-35
電話番号 086-223-7411(吉備路文学館)
公式サイト
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、その他展示替えなど特別休館日
料金一般400円、大学・高校生300円、中学・小学生200円
交通アクセス(車)山陽自動車道岡山ICから約10分
交通アクセス(公共)JR岡山駅から徒歩約15分
駐車場8台
備考※6月16日(日)11:00~16:30まで、2階北泉ホールでは、「現代川柳」第9回川柳大会も行われます。事前申し込みが必要で、100人(そのうち「現代川柳」会員以外の20人)。
※8月3日(土)13:30~15:00、山陽新聞「山陽柳檀」選者・芳賀博子氏は「時実新子の言葉たち」と題して、2階北泉ホールで講演会が行われます。定員は70人。事前に申し込みが必要です。入館料が必要です。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示