芳木麻里絵展-析出する光-

よしきまりえてん―せきしゅつするひかり―
県内初の本格的な個展

京都府在住の芳木麻里絵は、一貫してシルクスクリーン版画のインクを何層にも刷り重ねることで厚みをもった大小様々な平面、立体物を作りあげていく美術家です。芳木が好んで題材にしているものは緻密なレースのカーテンや布張りのソファなどをはじめ、チョコレートやボタンなどの食べ物や服に身につける小物といった身近な日常品です。版を重ねるごとに突起していくインクの凝固された層は、その表面を形づくる起状や陰影、あるいは滑らかな独特の手触りを持ちあわせており、触覚性、視覚性をリアルに刺激してきて、喚起を促してくれるものです。美しく繊細なインクの色ごとの層が数ミリ、または数センチほどの立体的、半立体的にレイヤーのような膨らみを持っています。本展では、奈義町内にある多くの溜池に映る水面を題材にして、光をあてることで水面が反映して映りだす最新作を展示します。

エリア
美作
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2019年6月22日(土)~7月28日(日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30)
開催場所 奈義町現代美術館ギャラリー
住所 〒708-1312 岡山県勝田郡奈義町豊沢441
電話番号 0868-36-5811(奈義町現代美術館)
公式サイト
定休日月曜日(祝日の場合は開館)、7月16日(火)は休館
料金一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上無料)
※常設展と一緒にお求めの場合は、通常入館料700円でご覧いただけます。
交通アクセス(車)中国自動車道美作ICから約20分または、中国自動車道津山ICから約20分
交通アクセス(公共)JR津山駅からバスで約40分
備考◎イベントの詳細はチラシ、または公式サイトをご覧ください。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設