「つくる」こと、「想う」こと。~安達知江・平田友美ガラス造形展~

つくること、おもうこと。~あだちともえ・ひらたともみガラスぞうけいてん
二人の女性ガラス作家の作品展

安達知江さんは岡山県在住で、主に鋳造ガラスの技法を使って作品制作をされています。安達さんの作品はガラスの色鉛筆で着色したような優しい色使いと感性が全面に出た造形によって不思議な魅力を醸し出し、見ていると思わず手に取りたくなるような衝動にかられてしまいます。平田友美さんは、香川県在住で吹きガラスの技法で作品を制作されています。平田さんの作品の特徴は、ガラスの「グラール」という技法を用いて、ガラスの中に緻密な線画や切り絵のような絵柄を閉じ込めた作品を発表されています。手間と時間をかけて作った作品を展示します。

エリア
美作
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2019年7月10日(水)~10月14日(月・祝)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 妖精の森ガラス美術館2階企画展示室
住所 〒708-0601 岡山県苫田郡鏡野町上齋原666-5
電話番号 0868-44-7888(妖精の森ガラス美術館)
公式サイト
定休日火曜日
※8月13日(火)は開館
料金大人・大学生500円(団体400円)、高校生400円(団体300円)、小学・中学生300円(団体200円)、小学生未満無料

交通アクセス(車)中国自動車道院庄ICから約40分
駐車場40台、バス対応可能

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設