第三回かみさま夢風鈴

だいさんかいかみさまゆめふうりん

岡山県新見市神郷神代が、鉄や紙などを産する東寺の重要な荘園「新見庄」だった頃より行われていた紙漉き。その技術を伝承しようと、現在「神代和紙保存会」は「紙の館」を拠点に取り組んでいます。
紙漉きは、楮や三椏を原料にトロロアオイで粘りを出すという昔ながらの方法で、真冬の凍てつく寒さの中で行います。手漉きの和紙は、千年もつとも言われ、非常に丈夫で劣化しにくく、使い込むほどに柔らかくなる特徴を持っています。また神郷は、「たたら」と呼ばれる日本古来の製鉄が盛んに行われていた土地でもあります。「紙漉き」と「製鉄」。これら二つの伝統文化を組み合わせ「かみさま夢風鈴」は生まれました。鉄風鈴の涼やかな音色と、色とりどりの神代和紙の短冊で、ひと時の涼を感じてみてはいかがでしょうか。

エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 開催終了 2019年8月3日(土)~31日(土)
開催時間 9:00~17:00
開催場所 夢すき公園紙の館・日本一の親子孫水車
住所 〒719-3611 岡山県新見市神郷下神代1977-1
電話番号 0867-92-6577(夢すき公園紙の館・日本市の親子孫水車)
公式サイト
定休日水曜日
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約15分
交通アクセス(公共)JR備中神代駅から市営バス約5分または徒歩約20分
駐車場普通車17台、バス4台
備考※8月11日(日・祝)、8月12日(月・振休)9:00~16:00 夢すき公園内で、神代和紙を使ったオリジナルのガラス風鈴が作れる「風鈴作りワークショップ」が開催されます。参加費は1人1,000円です。お問い合わせは、神代和紙保存会・仲田さん(090-9985-5271)まで。予約は不要です。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示