浪崎文彰 ライムアートの世界

なみざきふみあきライムアートのせかい

新見市の主要産業は石灰工業で、石灰を英語で「ライム」と呼びます。その石灰を使ったアート作品を「ライムアート」と名付け、芸術にまで昇華させた創作活動を行っているのが浪崎文彰です。浪崎は、型押しによる石灰の凹みに染色した石灰を伏せ込み磨きだすといった、独自の技法を用い、空気中の二酸化炭素を吸収しながら硬化していく石灰の特性によって、表面にカルサイトという硬質なガラス質の結晶が形成されることで、壁面や大理石を思わせる独特なマティエールを持つ作品を創作しています。浪崎文彰氏のライムアート作品約50点を展示します。

エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2019年11月23日(土・祝)~2020年1月26日(日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 新見美術館
住所 〒718-0017 岡山県新見市西方361
電話番号 0867-72-7851(新見美術館)
FAX番号 0867-72-7851
公式サイト
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月4日
料金一般700円(600円)、大学生500円(400円)、中高生250円(200円)、小学生150円(100円)
※カッコ内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は、こころふれあいパスポート提示で観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は、土日祝休日に限り観覧無料
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約7分
交通アクセス(公共)JR新見駅から徒歩約10分
駐車場普通車30台、バス2台
備考◎イベントの詳細はチラシ、または公式サイトをご覧ください。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設