常設展:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」

じょうせつてんたかはしのれきしとびじゅつたかはしのこうげい

備中松山藩は5万石の小藩でしたが城を構え城下町として発展しました。また、山田方谷が実行した藩政改革の一環として、産業振興が進められ、様々な工芸が発展しました。その流れを引き継ぎ、明治以降も様々な工芸が高梁に生まれ、私達の目を楽しませてきました。今回はそのなかから、金工細工(川上豊太郎)、木竹工芸(林鶴山)を紹介するとともに、藩政改革によって生まれた杉浦焼を紹介します。
また、同時開催として「山田方谷の生涯」と題して、漢学者で、備中松山藩における藩政改革の立役者である山田方谷について紹介します。

エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2020年1月26日(日)~3月16日(月)
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 高梁市歴史美術館(高梁市文化交流館2階)
住所 〒716-0043 岡山県高梁市原田北町1203-1
電話番号 0866-21-0180(高梁市歴史美術館)
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
定休日火曜日(但し、2月11日は開館、翌日休館)
料金【入館料】
大人300円、小中学生150円
※市内在住の小中学生が学校休業日に入館するときは無料。
※障がい者手帳をお持ちの人と介助者1人が入館するときは無料。
※市内在住の65歳以上は無料(証明書を提示ください)。
交通アクセス(車)岡山自動車道賀陽ICから約15分
交通アクセス(公共)JR備中高梁駅から徒歩約10分
駐車場普通車100台、バス5台
※隣接の高梁総合文化会館駐車場を含む
備考◎イベントの詳細は、チラシ、または公式サイトをご覧ください。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設