近代花鳥画の名手 菊池芳文

きんだいかちょうがのめいしゅきくちほうぶん

菊池芳文は(1862~1918)は、文久2年大坂で生まれ、ほどなくして菊池家の養子となりました。明治14(1881)年から四条派の正系である幸野楳嶺に師事し、内弟子として本格的に学びました。明治15年(1882)年の第1回内国絵画共進会展で銅賞を受賞しました。その後も、明治19(1886)年の京都青年絵画共進会展で第1席を獲得するなど、早くから高い評価を得ていました。芳文は、竹内栖鳳や谷口香嶠、都路華香とともに「楳嶺四天王」の一人に数えられ、京都画壇において、重要な位置を占めるようになり、明治40(1907)年に開催された第1回文部省美術展覧会では審査員を務めています。明治42(1909)年に京都市立絵画専門学校が設立されると、教授に就き後進の指導にもあたっています。自らの画塾で門人たちを教えるのみならず、京都における日本画の発展の深く寄与しました。芳文の描く花鳥画からは、卓越した色彩感覚や秀麗な描線によって、清澄な雰囲気が醸し出されています。その優れた技能と清爽な作風は、弟子であり婿養子となった菊池契月へと継承されています。本展覧会では、京都画壇で竹内栖鳳と双璧をなしながらも、これまであまり注目されてこなかった菊池芳文に焦点を当て、芳文が果たした近代日本画における業績を見つめ直します。芳文作品約50点を中心に、楳嶺、栖鳳、契月などの作品をあわせて、菊池芳文の真骨頂にせまります。

エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2020年1月25日(土)~3月8日(日)
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 笠岡市立竹喬美術館
住所 〒714-0087 岡山県笠岡市六番町1-17
電話番号 0865-63-3967(笠岡市立竹喬美術館)
FAX番号 0865-63-4496
公式サイト
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
※ただし、2月24日(月・祝)は開館し、2月25日(火)は閉館します。
料金一般:800(650)円
※カッコ内は団体20名以上、高校生以下は無料(学生証をご提示ください)
※笠岡市内在住の65歳以上は無料
※笠岡市外在住の65歳以上は団体料金(住所年齢のわかるものをご提示ください)
※前売は一般個人のみ640円
交通アクセス(車)山陽自動車道笠岡ICから約15分
交通アクセス(公共)JR笠岡駅からタクシー約5分
駐車場普通車19台
備考◎イベントの詳細は、チラシまたは公式サイトをご覧ください。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設