笠岡市立竹喬美術館 特別陳列「日本の渓谷を描く」

かさおかしりつちっきょうびじゅつかん とくべつちんれつ「にほんのけいこくをえがく」

日本列島は高低差のあるさまざまな山岳で形づくられ、北から南にいたるまで名瀑や美しい渓流を数多く生み出し、古来より画題を提供してきました。
小野竹喬は、青年時代、竹内栖鳳塾の仲間たちと、京都北方の大悲山や南紀の熊野まで徒歩で渓谷を辿ることがしばしばありました。
今回の展示では、青森の奥入瀬渓谷、京都の嵐山や高尾、山口の長門峡など、日本の名だたる渓谷を描いた作品を紹介します。青楓が目に清かな季節、日本の自然美の一つのシンボルである、渓谷の美をお楽しみください。

※新型コロナウイルス感染症のため、イベント内容は変更または中止になる場合があります。 ※ マスク着用、咳エチケットにご協力ください。 ※ 体調の悪い方は来場をご遠慮ください。 ※ 他の来場者と十分な距離を保ってください。
エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 開催終了 2021年5月15日(土)~2021年7月11日(日)
開催場所 笠岡市立竹喬美術館
住所 〒714-0087 岡山県笠岡市六番町1-17
電話番号 0865-63-3967(笠岡市立竹喬美術館)
公式サイト
営業時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日月曜日
料金一般500円(400円)※( )内は団体料金。
65歳以上無料(年齢のわかるものを提示)
高校生以下無料(学生証提示)
交通アクセス(車)山陽自動車道笠岡ICから約15分
交通アクセス(公共)JR笠岡駅からタクシー約5分
駐車場普通車19台
備考◎詳細は公式サイトを参照ください。

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集