特別展「吉備路の文学者となつかしの校歌」

とくべつてん「きびじのぶんがくしゃとなつかしのこうか」

学校校歌を読むのは、歌うのとはまた違って、ふるさとへの愛や、子供達への愛、深い文学観などがより感じられます。
今回の特別展では校歌の歌詞を手掛けた吉備路の文学者の中から岡山県、広島県の学校校歌を担当した7人について展示されます。
学校を懐かしみつつ、気軽に郷土の文学者にふれてみてください。

※マスク着用、手指消毒、咳エチケットにご協力ください。 ※体調の悪い方は来館をご遠慮ください。 ※他の参加者と十分な距離を保ち、静かに鑑賞ください。  
エリア
備前
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 開催終了 2021年4月4日(日)~7月11日(日)
開催場所 吉備路文学館2階展示室
住所 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方3-5-35
電話番号 086-223-7411(吉備路文学館)
公式サイト
営業時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(9/23、11/4、11/24)
料金一般400円、高・大学生300円、小・中学生200円
※各種割引あり
交通アクセス(車)山陽自動車道岡山ICから約20分
交通アクセス(公共)JR岡山駅から徒歩約15分
駐車場普通車8台
備考◎詳細はチラシまたは公式サイトを参照ください

併催:企画展「吉備路近代文学の7人展」(吉備路文学館・1階展示室)
   展示文学者:清水比庵、内田百閒、坪田譲治、木山捷平、藤原審爾、吉行淳之介、時実新子
関連資料

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集