新見美術館 秋季特別展 日本芸術院所蔵「時代を彩った日本画名品展」

にいみびじゅつかん しゅうきとくべつてん にほんげいじゅついんしょぞう「じだいをいろどったにほんがめいひんてん」

日本芸術院は大正8(1919)年に帝国美術院として創設され、昭和22(1947)年に現在の名称となった国の栄誉機関です。新見美術館で作品を収蔵する富岡鉄斎も創設時に会員に任命されており、初代院長の森鴎外以降、文化勲章受章者の高階秀爾氏を現在の院長として、芸術上功績のあった会員およそ100名が任命されています。
同展では、日本芸術院が所蔵する日本画より、横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂などの巨匠から、現在も活躍する作家まで約36点の優作を展示します。それぞれの時代を彩った日本画をお楽しみください。

※新型コロナウィルスの感染が拡大している地域や都道府県に住んでいる方、あるいは過去2週間以内にこれらの場所へ訪問歴がある方は来館を遠慮ください。サーモグラフィーの体温確認で入館をお断りする場合があります。 ※入館の際、緊急連絡先の記入にご協力ください。 ※新型コロナウイルス感染症のため、イベント内容は変更または中止になる場合があります。 ※ マスク着用、咳エチケットにご協力ください。 ※ 体調の悪い方は来場をご遠慮ください。 ※ 他の来場者と十分な距離を保ってください。
エリア
備中
カテゴリ
アート・展示・音楽
【実施中の感染症防止対策】
  • 清掃・消毒を定期的に実施しています
  • ソーシャルディスタンスに配慮しています
  • しっかり換気しています
  • 消毒液を常備しています
  • 飛沫防止対策を実施しています
  • マスクの着用や検温など体調管理を徹底しています

基本情報

開催期間 2021年10月9日(土)~11月28日(日)
開催場所 新見美術館
住所 〒718-0017 岡山県新見市西方361
電話番号 0867-72-7851(新見美術館)
公式サイト
営業時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日月曜日
料金一般800(700)円、大学生500(400)円、中高生300(250)円、小学生200(150)円 
※( )内は各種割引料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」展示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小中学生は土日祝に限り観覧無料
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約7分
交通アクセス(公共)JR新見駅から徒歩約10分
駐車場普通車30台、バス2台
備考◎詳細はチラシおよび公式サイトをご確認ください。

<関連イベント>
■記念講演会「西田俊英 私の歩んできた道」
日時:10月31日(日)13:30~15:00
講師:西田俊英氏(日本画家)
参加無料(要観覧料) 要申込(先着50名)

■講演会「白色顔料〔吉備胡粉〕の話」
日時:11月14日(日)13:30~15:00
講師:瀧本弘治氏(山陽クレー工業株式会社代表取締役)
参加無料(要観覧料) 要申込(先着50名)

■日本画体験「加藤栄三/稗田一穂の月を缶バッチに」
講師:原田よもぎ氏(倉敷芸術科学大学大学院芸術研究科博士2年)
潮嘉子氏(同修士2年)
日時:10月17日(日)13:30~15:00
参加費:500円(要観覧料)要申込(先着15名)
※日本画の画材である胡粉(白い絵の具)と和紙で、展示作品にならって
月を描いた缶バッチを作成します。

■和紙体験「柿渋染めの和紙コースターを作ろう」
講師:梅田剛嗣氏(わがみやうめだ店主)
日時:11月3日(水・祝)13:30~15:00
参加費:500円(要観覧料)要申込(先着15名)
※新見産の神代和紙を柿渋で染めてコースターを作ります。講師による各地
の和紙に関するトークもお楽しみに。

申し込み&お問い合わせ先:新見美術館(TEL/FAX0867-72-7851)
関連資料

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集