≪夜汽車≫から始まる画業 赤松麟作展(岡山県立美術館)

≪よぎしゃ≫からはじまるがぎょう あかまつりんさくてん(おかやまけんりつびじゅつかん)
初期から晩年までの代表作を展示

赤松麟作(1878-1953)は、津山市に生まれました。大阪で山内愚僊に油絵を学んだあと上京し、開設されたばかりの東京美術学校西洋画科を卒業します。第6回白馬会展(1901年)に出品した《夜汽車》(東京藝術大学蔵)が白馬会賞を受賞して、高い評価を受けました。1904年に大阪朝日新聞社の挿絵記者として入社したあと、1908年には梅田で赤松洋画塾を開きます。関西洋画界の指導者として尽力しました。
今回の展覧会では初期から晩年までの代表作を取り上げ、風景画、女性像、そして花と鳥を描く絵画を画題別に紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会期や内容が変更の可能性があります。最新情報は公式サイトで確認ください。
エリア
備前
カテゴリ
アート・展示・音楽

基本情報

開催期間 2020年9月26日(土)~11月3日(火・祝)
開催場所 岡山県立美術館
住所 〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-48
電話番号 086-225-4800(岡山県立美術館)
公式サイト
営業時間9:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
※10月30日(金)は19:00まで開館
定休日月曜日 ※11月2日(月)は開館
料金一般350円、大学生250円、65歳以上170円(要年齢証明書)、小中高生無料
※特別展会期中は特別展の観覧券で鑑賞可能
交通アクセス(車)山陽自動車道岡山ICから約20分
交通アクセス(公共)JR岡山駅から徒歩約15分または、JR岡山駅から路面電車東山行きで約5分、城下下車徒歩約3分
駐車場地下駐車場38台
備考◎詳細はチラシまたは公式サイトを参照ください
関連資料

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集