企画展「焼物に映し出された美意識の時代的変遷」

やきものにうつしだされたびいしきのじだいてきへんせん

日本では新しい時代の転換期を迎えるごとに、焼物が美意識の変化を受け止めてきました。焼物の始まりである縄文式土器、これに続く弥生式土器、須恵器、六古窯に代表される中世陶器、桃山時代に花開く備前焼、近世の陶磁器というように、時代ごとにそれぞれの美意識を映し出した焼物があります。
本展ではそうした焼物の変遷を展覧します。あわせて、縄文と現代をつなぐ作品を展開してきた猪風来ファミリーの作品も紹介します。

エリア
備前
カテゴリ
アート・展示・音楽
【実施中の感染症防止対策】
  • 清掃・消毒を定期的に実施しています
  • ソーシャルディスタンスに配慮しています
  • しっかり換気しています
  • 消毒液を常備しています
  • 飛沫防止対策を実施しています
  • マスクの着用や検温など体調管理を徹底しています

基本情報

開催期間 開催終了 2021年10月2日(土)~11月28日(日)
開催場所 備前市立備前焼ミュージアム1F・2F展示室
住所 〒705-0001 岡山県備前市伊部1659-6
電話番号 0869-64-(備前焼ミュージアム)
公式サイト
営業時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
料金大人500円、高大生300円、中学生以下無料
交通アクセス(車)岡山ブルーライン備前ICから約15分
交通アクセス(公共)JR伊部駅下車すぐ
駐車場普通車30台

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集