【瀬戸内国際芸術祭2022】宇野港街中プロジェクト(実話に基づく、時間屋、赤い家は通信を求む)

【せとうちこくさいげいじゅつさい2022】うのこうまちなかプロジェクト(じつわにもとづく、じかんや、あかいいえはつうしんをもとむ)

「瀬戸内国際芸術祭2022」で新たに制作された作品が、JR宇野駅周辺の商店街に点在。歩いてまわれる範囲にある旧医院やビル、家屋を会場にした、空間ごと楽しめるアートプロジェクトです。

地図は「時間屋」の場所を表示しています。

基本情報

開催期間 2022年8月5日(金)~9月4日(日)、9月29日(木)~11月6日(日)
開催時間 鑑賞可能時間:開催期間中の10:00~19:00
住所 岡山県玉野市築港一丁目地内<築港商店街>
電話番号 0863-33-5005(玉野市商工観光課)
公式サイト
料金300円/回
※時間屋での塩の購入は別途料金要
交通アクセス(公共)JR宇野駅から徒歩約3分(時間屋)
JR宇野駅から徒歩約4分(赤い家は通信を求む)
JR宇野駅から徒歩約7分(実話に基づく)
備考【時間屋】
作家:長谷川仁
場所:ナカヤマビル(玉野市築港1-11-26)

【赤い家は通信を求む】
作家:片岡純也+岩竹理恵
場所:通称 赤い家(玉野市築港1-10-8)

【実話に基づく】
作家:ムニール・ファトゥミ
場所:旧三宅医院(玉野市築港1-15-16)

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集