Kagamino REDをコンプリート!? この秋、鏡野町の「赤」に逢いに行こう

鏡野町の秋といえば、赤。総面積の9割近くが山林のまちでは、多くの場所で美しい紅葉が見られます。さらに特産品やグルメにも赤い色を発見! 赤に染まる、赤が映える鏡野町。そんな絵になるまちへ、フォトジェニックな「赤」を見つけに出かけませんか?

奥津渓(紅葉)

奥津温泉の下流、約3kmに渡って変化に富んだ渓谷美が楽しめる奥津渓は、岡山県を代表する紅葉の名所。秋にはモミジやブナ・カエデをはじめとした木々が色づき、8~10mの瀑布となって流れる急流や数十万年の歳月をかけて自然が形造った甌穴群と相まった絶景が見られます。遊歩道も整備されており、頭上を覆う真っ赤なモミジのトンネルは感動的です。

越畑ふるさと村(紅葉)

標高1,200mの山々に囲まれた山里にある、かやぶき屋根と石畳、水車が郷愁を感じさせる集落です。周囲の山が色づき鮮やかに映える秋の景色は町内でも有数の美しさで、知る人ぞ知る紅葉スポットとなっています。毎年11/3には「秋の紅葉まつり」が開催されます。

姫とうがらし「辛美人」

奥津地域のみで栽培されている日本古来種のとうがらしです。地元の生産組合が丁寧に育てた真っ赤な唐辛子は風味がよく、石引で作られた一味唐辛子は独特の辛さの中にほのかな甘みが感じられます。町内の飲食店では辛美人を使ったメニューも提供されています。

トマト

驚くほど甘いと評判の鏡野産のトマト。ツヤと張りがある真っ赤なトマトは見るからにおいしそう。サラダでそのまま味わうのはもちろん、ケチャップなどの加工品やトマトを使ったスムージーもあるので試してみて。

奥津温泉名物 足踏み洗濯

奥津橋のたもとで3月上旬~12月中旬の日曜、祝日(8:30~8:45)に行われている足踏み洗濯は、かつて熊や狼を見張りながら川に湧き出る湯で洗濯をしていた名残です。器用に足先を使って洗濯をする女性たちの赤い腰巻が、山間の河原に色を添えています。
COLUMN
絵になる町かがみの☆インスタグラムフォトコンテスト[2018秋]

絵になる町かがみの☆インスタグラムフォトコンテスト[2018秋]

2018年10月1日~11月30日の期間中フォトコンテストを開催。
「赤」をテーマに期間中鏡野町内で撮影された写真を募集しています。
インスタグラムで「@kagaminogram」をフォローし、ハッシュタグ[#鏡野レッド][#かがみの赤][#kagaminored]のいずれかを付けて写真を投稿すれば、優秀作品には商品券や鏡野町の赤い特産品が贈られます。
マップを見る