岡山市と国民的ゲーム桃太郎電鉄の夢のタッグでおくる! 桃太郎伝説ゆかりの地を巡る謎解きイベント

桃太郎伝説の生まれたまちである岡山市では、国民的ゲーム桃太郎電鉄と夢のタッグでおくる岡山ならではの謎解きイベントを開催中です。LINEの指示に従いながら、吉備津彦神社、吉備津神社、造山古墳を訪ね、冊子に書かれた謎を解くイベントに参加して、桃太郎伝説の舞台「吉備路エリア」の旅を楽しもう!
<期間>2021年11月3日(水・祝)~2022年3月31日(木)

謎解きストーリー

日本一の鉄道会社を目指して、桃太郎社長たちが日本中を駆けめぐっていたある日。突然、空が大きな暗雲でおおわれました。そして岡山市の象徴ともいえる物件「桃太郎ランド」がいつの間にか「鬼が島パーク」に改築されてしまいました! 鬼ヶ島パークを所有しているのは、謎の社長・温羅(うら)です。鬼ヶ島パークを目指し岡山市に集まってきた鬼や貧乏神を見て、市民たちは大慌て。このままでは彼らの行いが影響し、岡山市周辺に様々な迷惑をかけてしまいます! 止める方法は1つだけ。鬼ヶ島パークを謎の温羅社長から買い取り、桃太郎ランドに戻すこと! あなたは桃太郎社長となり、岡山市各地の謎を解き、鬼ヶ島パークを買い取ることができるのでしょうか?
(公式サイトより)

謎解きの遊び方

  • 謎解き冊子

    謎解き冊子

まずは、岡山市ももたろう観光センター、吉備津彦神社、吉備津神社、岡山市造山古墳ビジターセンターなどで配布中の謎解き冊子を手に入れ、筆記用具とLINEアプリがダウンロードされたスマートフォンを用意。
①豆鬼コース・エンマコースの難易度が違う2つのコースがあるので、遊びたいコースを選ぶ。
②選んだコースの二次元コードを読み取り、LINEを友だち追加する。
③冊子とLINEで指示された場所に行き、謎を解く。

謎解きの舞台は岡山市内3ヵ所

  • 吉備津彦神社

    吉備津彦神社

  • 吉備津神社

    吉備津神社

  • 造山古墳

    造山古墳

謎解きの舞台は岡山市内にある桃太郎伝説ゆかりの地。「吉備津彦神社」、「吉備津神社」、「造山古墳」の3ヵ所をめぐります。

吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)

桃太郎のモデルになったと伝わる吉備津彦命を祀る神社です。備前国の一宮として建立され、あつく信仰されてきました。また、境内には鬼と言われた温羅(うら)を祀る温羅神社もあります。桃の形のおみくじや絵馬も必見!!

吉備津神社(きびつじんじゃ)

鬼(温羅)を退治した吉備津彦命を祀る神社です。比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)の本殿は拝殿とともに国宝に指定されています。境内には、矢置岩や御釜殿など桃太郎伝説ゆかりの文化遺産が残されています。 

造山古墳(つくりやまこふん)

全長約350mで全国第4位の規模を誇る前方後円墳です。このような巨大な古墳を造ることができる強大な勢力が吉備に存在していたことを示しており、周辺からは朝鮮半島と関連する遺物も出土しています。立ち入ることのできる古墳として全国最大規模です。 

謎をクリアできたら限定プレゼントが!

2コースある謎解きのいずれかをクリアできたら、岡山市と桃太郎電鉄のコラボによって生まれた限定ステッカーがもらえます。桃太郎や貧乏神のほか、シークレットステッカーも! 
<受取場所>岡山市ももたろう観光センター
<営業時間>9:00~20:00
マップを見る