瀬戸内海の幸

豊かな海の恵みと郷土の味

豊かな瀬戸内の恵みは、やっぱり郷土料理でいただくのが一番。
何度食べても飽きが来ない、しみじみおいしい逸品が目白押し。

サワラ

新鮮なうちにサッと炙り、旨味を閉じ込めたタタキを食べられるのは岡山ならでは。柚子風味のポン酢でどうぞ。こだわりの味噌床で寝かせてほんのり甘い味噌が染みた味噌漬けは、焼いた香ばしさとと芳醇な旨みでご飯がどんどん進みます。刺身は鮮度のいい状態でしかできないため、岡山でぜひ味わってもらいたい一品です。

牡蠣

瀬戸内の豊かな海に育まれた、大粒でぷりぷりの牡蠣。滋味深く、クリーミーな味わいです。殻付きの場合は、香りを楽しみながら食べる焼き牡蠣や、そのままレンジで加熱するだけの蒸し牡蠣などがおすすめ。まずは、シンプルに、本来のおいしさを味わってみてください。

タコ

瀬戸内海の潮流の速い海域で育つタコは身がしまり、コリコリとしておいしいと評判です。倉敷市下津井で獲れる「下津井ダコ」が全国的に有名。漁港では大きなタコの足を広げて天日干しにする風景が冬の風物詩となっています。

ままかり

ママ(ご飯)を借りに行くほどおいしい岡山特産の小魚。一尾ずつ焼いて三杯酢に漬け込んだ「焼きままかり」や、中骨を取って塩締め・酢洗い・昆布締めをする「酢漬け」がお土産にはおすすめです。

新鮮な鯛を藁で包み、熱した塩でじっくりと蒸し焼きにした「浜焼き(塩蒸し)」。およそ300年ほど前から熟練職人によって受け継がれた伝統製法によって作られている逸品です。お祝いの品として喜ばれています。

あなご

岡山の郷土料理ばら寿司に欠かせない具材のひとつ焼あなご。脂がのったあなごの旨みがギュッと閉じ込められています。焦げ目の香ばしいタレ焼きや、とろけるように柔らかい白焼きなど、お好みの味をお楽しみください。

岡山海苔

瀬戸内海に流れ込む河川が運ぶ豊富な栄養分によって育まれた岡山海苔。風味の良さと、パリっとした食感が楽しめる贅沢な一品。ブランド海苔として高品質の評価を受けています。