HOME特集>おかやまハレいろキャンペーン 岡山のまち歩き

倉敷美観地区を歩く

倉敷の美と
歴史探訪コース
倉敷美観地区の代表的な見どころをぐるっと巡るコース。レトロモダンな町並みや風情あふれる景色が楽しめます。〈約2km・約1時間30分〉
くらしき川舟流し

倉敷川を川舟でゆったりと……。
目線が変われば新たな発見も!

くらしき川舟流し

大原美術館をはじめ倉敷考古館、そして白壁づくりの土産物店などが建ち並ぶ倉敷美観地区の中央を流れる倉敷川を、ゆったりと川舟で遊覧。川から見上げる景色は、また違った趣があります。

大原美術館モーニングツアー

静かな時間が流れる朝の美術館で、
世界の名画の魅力を堪能!

大原美術館モーニングツアー

開館前に館内を案内する特別企画。爽やかな朝に特別解説員の案内付きで、名画について語らいながら鑑賞できます。(4〜9月の第1・3日曜日)

むらすゞめの手焼き体験

新鮮な卵を使ったクレープ状の生地にしっかりとした餡を包み込んだ倉敷銘菓の「むらすゞめ」。この倉敷を代表する和菓子の手焼きにチャレンジ! もちろん、その場で味わえます。

倉敷帆布お誂え

100年の伝統を誇り、国産帆布の約7割の生産を担う倉敷帆布。この帆布を使った、素朴ながらも温もりのあるトートバックをセミオーダーで。
 

倉敷アフタヌーンティー

古民家カフェやホテルなどで、桃やぶどうなど、旬の地元産フルーツをふんだんに使ったメニュー。ちょっと贅沢なティータイムを堪能できます。(7月中旬〜9月下旬)

倉敷美観地区の夜の楽しみ方

倉敷美観地区夜間照明

世界的な照明デザイナー・石井幹子氏のプロデュースにより、倉敷格子や白壁の建物をライトアップ! 人の心を癒やしてくれる幻想的な光景は必見です。 (日没〜22:00)

夜のくらしき川舟流し

人気の川舟流しを、土曜日限定で夜にも実施。川舟から眺める夜の町並みとライトアップは、とても幻想的です。

提灯片手に夜のまち歩き

提携宿泊施設の宿泊者限定で、昔ながらの提灯を無料貸し出し。やさしい光に包まれた夜の倉敷美観地区で、提灯を片手に、風情たっぷりの夜のまち歩きが楽しめます。

城東町並み保存地区を歩く

津山市中心部の飲食店などで使えるクーポン。津山名物の牛肉料理やホルモンうどん、スイーツ、ドリンク、お土産などをお得に購入できます。1冊500円

津山が誇る自然・
城・町探索コース
津山城や城下町の面影を残す城東町並み保存地区など、江戸時代の歴史遺産をめぐり歩きます。<約3.5km・約2時間(コース選択によって違いあり)>
城東むかし町家

300年以上前に建てられた
城東地区を代表する町家

城東むかし町家

主屋は江戸時代の終わりの建物で、西側の部屋は明治時代に建てられ、北側の2階建ては、洋館も含め、大正時代に建てられました。

箕作阮甫旧宅

幕末に活躍した洋学者・箕作阮甫
の生まれ育った家

箕作阮甫旧宅

町医者であった箕作阮甫の旧宅は、江戸時代の姿をよくとどめているとして、国の史跡となり、再整備され公開されています。

津山洋学資料館

日本で唯一の洋学専門の資料館。
津山洋学資料館

幕末に活躍した津山ゆかりの洋学者を顕彰する珍しい「洋学」専門の資料館。医学、化学、音楽などの「洋学」と日本の関わりを時代別に解説。「解体新書」初版本は必見!

津山城(鶴山公園)

約1000本の桜が城跡を華やかに彩る、西日本有数の桜の名所
津山城(鶴山公園)

森蘭丸の弟・森忠政によって1616年に完成した津山城。天守と櫓は明治期に取り壊されましたが、2005年に備中櫓が復元。迷路のように入り組み、高さが45mにも及ぶ3層の石垣は見事!

「ご当地グルメ」も楽しもう!

干し肉

牛肉のブロックに天然塩をふり、数日間干して旨みを凝縮させた干し肉。軽く表面を焼いて食べると濃厚な風味が口いっぱいに広がり、ビールにもよく合います。

津山ホルモンうどん

昔から作州牛の新鮮なホルモンが入手しやすかった津山で育まれた焼きうどん。新鮮なホルモンは臭みもなくジューシー。店ごとに、自家製ダレや焼き方で味を競っています。

津山ロール

津山の小麦(ふくほのか)生産者と地元和洋菓子店の職人がコラボ。作州黒豆や桜・桃、自然薯など、地元の食材を使った8種類の「津山ロール」があります。

伊部の地に伝わる
備前焼にふれるコース
日本六古窯のひとつに数えられる備前焼。そのふるさとである伊部地区にある窯跡・窯元見学やゆかりの神社訪問など、郷土の伝統文化を訪ね歩きます。<約2時間>
備前焼土ひねり体験

私作!備前焼のビアマグとか
ちょっと素敵。

備前焼土ひねり体験

備前焼伝統産業会館では、備前焼陶友会所属の窯元・作家に教わりながら、備前焼の土ひねり体験が可能。もちろん、焼きあがった作品は、後日送ってもらえます。

備前焼ミュージアム

千年の歴史を持つ備前焼を
学べる美術館

備前焼ミュージアム

古備前から人間国宝、現代作家に至る作品、資料を一堂に集め、展示・公開・解説しています。また、企画展も行っており、備前焼の魅力に存分に触れることができます。

窯元見学

作陶風景や窯焚き作業などを見学。職人さんの真剣な眼差しに圧倒されながら、備前焼の奥深さに触れることができるはず。手びねりを体験できる陶房も。

天津神社

備前焼の里らしく、参道の敷石や狛犬、絵馬までもが備前焼製という神社。境内には、備前焼でできた干支や七福神などの縁起物も奉納されています。

ショッピング

備前焼の器は、高価なものばかりではありません。日常使いできそうな手頃な値段の器や、お土産にぴったりのアイテムまで、楽しみながら選べます。

吹屋ふるさと村観光周辺バス

石州瓦とベンガラ格子の町並みに映える、
レトロなボンネットバス。

吹屋ふるさと村観光周辺バス

日本で1台のボンネットバス(1967年式トヨタD8100)が4〜6月の毎週日曜日にJR備中高梁駅前から運行。赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みに、レトロなバスが映えます。

のれんの町並み

軒先で揺れる色とりどりののれん。
それは、勝山のシンボルにして誇りです。

のれんの町並み

何か町に特徴をということで始まった、軒先の“のれん”。お店だけではなく、一般の民家までもが、それぞれにセンスと主張を込めた“のれん”を掲げています。

とっておきの町並みを歩く

矢掛町 矢掛の町並み

山陽道の宿場町として栄えた矢掛。本陣と脇本陣は、ともに国指定重要文化財。

美作市 古町の町並み

鳥取(因幡)と姫路(播磨)を結ぶ因幡街道の宿場町として発展した町。

早島町 不老のみち

宇喜多秀家ゆかりの「早島」を、歴史・文化・自然に触れながら散策。

TOPへ