晴れログ(地域情報リポーター発)

そびえ立つ山城

掲載:2010年3月26日(金)08:46
頂上駐車場より天守閣を望む(2009.4.6撮影)
右遠 皇子 赤磐市
右遠 皇子
赤磐市観光案内所で各種観光案内、史跡案内を行う。また、音訳ボランティアや民話ボランティアとして地域に貢献。
国道374号線吉井川を北に走っていると、そびえ立つ茶臼山の山頂に
城型展望台が仰げる。車を走らせながら“あれはなんだろう?”
と思われた方の多いのではないだろうか。

天守閣を模した展望台からは周匝平野が一望できる。
戦国時代に山城があったとされ、県の史跡となっている。

昭和の初期まで吉井川を往来していた高瀬舟の船宿を
移築して出来た休憩所。
戦国時代の城郭で、珍しい発見例とされている大型竪穴式遺構の復元。

そびえ立つ城型展望台の一階に展示されている古文書は、すべて、
地元〔古文書を読む会〕の下山 弘さん(86歳)が一人で
書かれたものだそうです。

この城山公園では毎年春の桜まつりが地域住民をあげて、
賑やかに行われる。

今年は4月11日。入園料は無料。
夜は城の周辺をぼんぼりでライトアップされます。

4月11日以外は山頂の駐車場まで上がれますが、11日は
B&G海洋センターから送迎バスがでます。
場所 赤磐市周匝茶臼山
所在地 岡山県赤磐市周匝15−6
戻る