HOME観光おすすめコース知る人ぞ知る!岡山の平家ゆかりの地と瀬戸内の絶景を巡る旅

知る人ぞ知る!岡山の平家ゆかりの地と瀬戸内の絶景を巡る旅
 
NHK大河ドラマ「平清盛」放映にちなんで、水島の合戦、藤戸の合戦の跡地を巡りながら、瀬戸内海の絶景やご当地グルメも楽しむ旅に出かけよう。
山陽自動車道 玉島IC
 約10分
円通寺公園
水島の合戦跡地である、乙島と柏島をつなぐ源平大橋(玉島大橋)を一望することができるスポットです。水島の合戦の際、東側の乙島には源氏方の陣が、西の柏島には平家方の陣が構えられました。

<円通寺とは>
良寛和尚が修行した寺として有名。園内には寺院や庭園のある境内、十二支のお地蔵様や四季を通じて楽しめる木々があり、目を楽しませてくれます。白樺山の頂上にある公園からは、玉島の古い町並みや瀬戸内海が見渡せます。
時間に余裕があれば、映画のロケ地にもなった「玉島町並み保存地区」を散策してみてはいかがでしょうか。(円通寺より徒歩20分〜)
所在地 岡山県倉敷市玉島柏島
電話 円通寺展望休憩所 086-525-1991
 約5分
源平合戦水島古戦場の碑
源平の戦いの中で唯一、平氏が源氏に勝利した「水島の合戦」の記念碑。
水玉ブリッジライン玉島大橋(源平大橋)西側に建てられており、橋の下から階段を上っていくと碑に辿り着くことが出来ます。
所在地 倉敷市玉島柏島
電話 倉敷市玉島支所産業課 086-522-8114
 約15分
きゃろっと亭
歩いてお腹がすいたら、玉島のご当地グルメ「しのうどん」はいかがですか?
円通寺で修行者が好んで食べていた良寛ゆかりの玉島名物です。平べったい麺は、もっちりとした食感で食べ応え十分!

※準備に時間がかかるため、予約をおすすめします。
所在地 岡山県倉敷市新倉敷駅前5-244-2
電話 086-526-8901
 約30分
藤戸寺
例年6月頃には、平家物語の一節に登場する沙羅(別名:ナツツバキ)の花が見られることでも知られているお寺。
本堂の北側には、鎌倉時代中期造立の石造五重宝塔(岡山県指定重要文化財)と、源平両氏の戦没者の供養のために建立したと伝えられる慰霊塔があります。

<こぼればなし>
地元で人気のたい焼き屋さんが藤戸寺の駐車場向かいにあります。火曜日は定休日です。
所在地 岡山県倉敷市藤戸町藤戸57
電話 086-428-1129
 3分
源平藤戸合戦八百年記念碑
藤戸寺のすぐ近くにあり、藤戸の合戦の八百年目にあたる昭和59(1984)年、源平藤戸合戦八百年記念祭行事が挙行された際に立てられました。
 2分
藤戸まんぢゅう
藤戸の戦いで亡くなった村人の供養に供えられたのが起源だと伝えられる、創業八百有余年の伝統の味「藤戸まんぢゅう」の本店。倉敷市民にも人気の手土産です。

※火曜日定休(火曜日が祝日の場合は木曜日休)
所在地 岡山県倉敷市藤戸町藤戸48
電話 (有)藤戸饅頭本舗 086-428-1034
 30秒
盛綱橋
藤戸寺の門前の倉敷川にかかる橋。橋の途中には海を馬で渡ったと伝えられる佐々木盛綱の像があります。盛綱が海を渡っていなければ、源氏は藤戸の合戦に勝利していなかったかもしれません。
下流に架かる橋にはこの合戦に関係する謡曲「藤戸」をイメージした銅板が埋め込まれています。
 4分
藤戸・経ヶ島(きょうがしま)古戦場跡
佐々木盛綱が藤戸寺で追善供養をした際に建立されたといわれている宝篋印塔(ほうきょういんとう)[経塚]と塔婆[魚塚]があります。
宝篋印塔は源平両軍の慰霊のため、塔婆は盛綱に殺された浦の男の供養塔といわれています。
 約30分
下津井祇園神社の社叢
現在の祇園神社のあたりに下津井での平家の拠点があり、平教盛、通盛、教経という三名将が守ったと伝えられています。
所在地 岡山県倉敷市下津井1-13-16
 約8分
鷲羽山
倉敷市南部にある鷲羽山一帯からは「日本の夕陽百選」に選ばれた夕景を見ることができます。瀬戸大橋と行き交う船が一望できるロケーション抜群の絶景です。
所在地 岡山県倉敷市下津井田之浦1-1
電話 倉敷市役所児島支所産業課 086-473-1115
 約10分
瀬戸中央自動車道 児島IC
平家ゆかりの地を眼下にコーヒーブレイクはいかが?
平家ゆかりの地を眼下にコーヒーブレイクはいかが?
「くらしき山陽ハイツ」の喫茶コーナーからは、かつて「藤戸の合戦」跡地を臨むことが出来ます。ロビーには合戦についての解説版もありますのでコーヒーを飲みながら往時の景色を偲んでみてはいかがでしょう。