HOME観光おすすめコース漁港の町をぶらり食べ歩き日生で絶品!牡蠣ざんまい!(備前市)

漁港の町をぶらり食べ歩き日生で絶品!牡蠣ざんまい!(備前市)
 
日本経済新聞の「食べ歩きが楽しい漁港ランキング」にて、中国地方で唯一ランクインした備前市日生(ひなせ)。ここでは牡蠣の水揚げを見学したり、市場で旬の魚介類のショッピングも楽しめます。焼き牡蠣やカキオコを堪能したら、とっておきスポットが点在する漁港周辺を散策してみよう!(生牡蠣は11月下旬〜3月まで)
BIZEN中南米美術館
 山陽自動車道備前ICから約20分
日本で唯一の古代中南米専門美術館「BIZEN南米美術館」。メキシコからペルーにかけての中南米諸国10カ国の考古学美術品や民族学的資料など、約1700点の収蔵展示はここでしか見られません。異国ムードいっぱいの館内で、中南米の歴史や文化に触れてみよう!カキオコの守護神であるペッカリー(ヘソイノシシ)とも仲良くなれるかも?約16,000枚もの備前焼の陶板に覆われた美術館の外壁も一見の価値あり。
  
日生の牡蠣

通常食べられる大きさになるまで2〜3年かかると言われる牡蠣が、日生では1年で大きく育ちます。その理由は山からの恵みと、波静かで栄養豊かな海があるから。昨今はご当地グルメ人気もあり、日生カキオコや焼き牡蠣を目当てに京阪神を中心に多くの人が訪れます。ぜひ栄養満点のプリップリの牡蠣をご堪能ください!
五味の市
 約3分
港に水揚げされた魚介類が漁師のおかみさんたちの手で威勢良く売られています。
どれも獲れたて新鮮で市価より格安。また五味の市周辺では天気がよければ魚の天日干し風景が見られます。
 
日生町漁協の直売所「海の駅しおじ」では、魚介類、干物などの加工品、各種おみやげの販売と「五味の市」「しおじ」で購入した海産物や、自身で持ち込んだ食材をその場で焼いて食べられる「バーべーキューコーナー」を完備しています。新鮮な日生の牡蠣や魚介類をその場でお楽しみください!
■バーベキュー料金(炭付き)1,500円(90分)
・1テーブル4〜5名が楽しめます
・延長は30分300円
・食材は持ち込み自由
海の駅しおじ
みなとの見える丘公園
 約5分
高台にある観光スポット、みなとの見える丘公園からは、日生の港と海沿いに隙間なく民家が並ぶ町並みを一望できます。また冬の時期は、太陽に照らされてキラキラと光る瀬戸内海の眺めもおすすめ!展望台にある幸福の鐘に、願いをかけてみては?
カキフライソフト
「五味の市」で楽しめるユニークなソフトクリーム。カキフライ2コと刺身しょうゆがトッピングされたこの変わり種スイーツは、テレビなどメディアにも度々登場する隠れた人気商品です。
日生カキオコ
毎日水揚げされる新鮮なカキを使うので、余分な水を吸わず、加熱しても縮まないプリプリのカキが味わえます。
備前海の駅
日生や牛窓、下津井などで水揚げされた魚介類が並ぶ魚市場。イートインスペースもあり海鮮丼などが味わえます。
宿泊予約はこちら