HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

見あげた空の向こうに −素描の魅力 竹喬−

みあげたそらのむこうに そびょうのみりょく ちっきょう

見あげた空の向こうに −素描の魅力 竹喬− チラシ表
見あげた空の向こうに −素描の魅力 竹喬− チラシ表
小野竹喬(1889-1979)は自然に接したとき、すぐにスケッチに取り掛かることはなく、対象の息づかいを感じ取るまでじっくり見つめます。ここから生まれる素描は、簡潔明快な表現であり、自然の微妙な様相を鮮やかに捉えたものです。竹喬芸術の魅力は完成作よりも却って素描の中にあると言われます。
竹喬の言葉に、「私は写生をする時、無心に近くなつているようである。ただ美しい対象に参つてしまつて、それに従つている。此の事を自分で、後から振り返つて見ると、苦しい事は苦しいが、救いの時間のような気がする。写生は楽しいのである。私は自然を見た時、線よりも色に心を引かれるので、素描立ちのものが割合に少なく、つい色を塗つてしまう」(昭和32年7月)とあります。
竹喬の素描の中には、広い自然を捉えたものもありますが、多くは身辺のささやかな自然です。そして、戦後の60代以降の素描には、四季の樹木を通して見あげた空が多く描かれています。
このたびの展覧会では、竹喬美術館が所蔵する素描の中から、「見あげた空の向こうに」という着眼による作例を70点選び、自然と向き合う竹喬の素直で生新な感性をお伝えしたいと思います。
見あげた空の向こうに −素描の魅力 竹喬− チラシ裏
見あげた空の向こうに −素描の魅力 竹喬− チラシ裏
笠岡市立竹喬美術館
笠岡市立竹喬美術館
DATA
開催日時 2017年2月11日(土)〜2017年4月9日(日)09:30〜17:00
開催場所 笠岡市立竹喬美術館
所在地 岡山県笠岡市6番町1-17
問合せ先 0865-63-3967
FAX 0865-63-4496
料金 入館料:一般500円(400)、高校生300円(200)、市外小中学生150円(90) ※( )内は団体20名以上。65歳以上の方・笠岡市内の小中学生は入館無料。年齢のわかるもの、笠岡っ子無料パスを提示してください。
ホームページ https://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/30/miagetasoranomukouni.html
アクセス JR山陽本線笠岡駅/車5分,またはバス10分、山陽自動車道笠岡IC/車15分
駐車場 普通車19台
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16時30分まで。

【休館日】毎週月曜日(ただし、3月20日は開館、3月21日は休館)

◎イベントの詳細は、ホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
笠岡市立竹喬美術館

笠岡市立竹喬美術館

笠岡市出身の日本画家小野竹喬(おのちっきょう)をたたえ、その功績を後世に伝えるために昭和57年(...

戻る

|ページトップへ|