HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

第3回もっと伝統工芸 備中漆展

だいさんかいもっとでんとうこうげい びっちゅううるしてん

平成28年度特別企画展

第3回もっと伝統工芸 備中漆展 チラシ表
第3回もっと伝統工芸 備中漆展 チラシ表
新見市周辺は古くから漆の産地として知られ、良質の漆が取れていました。中世の時代、新見は京都・東寺の荘園、新見庄として栄えたところで、大量の漆を年貢として納めていたことが、ユネスコ世界記憶遺産に認定された「東寺百合文書」にも記載されています。また、備中漆は質もよく、仏像の修復にも使われたことが記録に残されています。
本展は、備中漆復興20年を記念し、平成26年からはじまった展覧会の第3回展として、日本伝統工芸中国支部の漆芸、木竹会員を中心に、新見市で活動する漆芸の「地域おこし協力隊」3作家も加え、総勢およそ35作家に制作を依頼し、その成果発表展を備中漆のおひざ元、新見市で開催します。
第3回もっと伝統工芸 備中漆展 チラシ裏
第3回もっと伝統工芸 備中漆展 チラシ裏
新見美術館
新見美術館
DATA
開催日時 2017年2月11日(土)〜2017年4月2日(日)09:30〜17:00
開催場所 新見美術館
所在地 岡山県新見市西方361
問合せ先 0867-72-7851
FAX 0867-72-7851
料金 観覧料:一般600円(500円) 、大学生400円(350円)、中高生250円(200円)、小学生150円(100円) ※( )内は15人以上の団体料金。障がい者手帳などをお持ちの方は半額。市内小中学生は観覧無料。高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料。
ホームページ http://www.geocities.jp/niimimoa/index.html
アクセス JR伯備線新見駅/徒歩10分、中国自動車道新見IC/車10分
駐車場 普通車28台 バス2台
確定/予定 確定
詳細 ※入館は閉館30分前

【休館日】月曜日(但し、3/20[月]は開館し翌日休館)

◎イベントの詳細は、ホームページをご覧ください。 
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
新見美術館

新見美術館

新見美術館は、郷土出身の横内正弘氏(故人)から寄贈を受けた美術品約350点をもとに、地域文化の向...

戻る

|ページトップへ|