HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

〈企画展〉むらかみよしこタペストリー展「いのち満ちる〜女たちの縄文」

女たちの命をめぐる物語

「いのち満ちる〜女たちの縄文」チラシ
「いのち満ちる〜女たちの縄文」チラシ
 大地はすべての命を孕んでいる。この大地から土をいただいて土器や土偶は作られる。母なる大地の分身として。土器を作る女がみえる。土器は命の入れ物。土器は子宮。渦巻く文様は波のように動く命そのもの、そして縄目を転がして命を守る。文様は生まれてくる命の躍動、あの世とこの世の境を行きかう命。あらゆる生き物たちが器の上でつながっている。
 昨年春から始まった猪風来美術館“女たちの縄文野焼き”挑戦は、女性たちが自ら作った土器を野焼きする縄文時代以来約2400年ぶりの復活となりました。縄文土器にこめられた母なる大地の豊穣とあらゆる命を抱く縄文スピリットに学び、再び女たちの手に。
画面の中、大きく弧を描いて立ち昇る“赤い狼煙”は女たちの生命を巡る熱いメッセージ。古から現在へ、現在から未来へ、ここから世界へ向けた女たちの伝言。縄文に魅せられた女たちの姿をタペストリーに織り込み表現してみました。どうぞご覧ください。
(むらかみよしこ)

作品題名「いのち満ちる〜女たちの縄文」(手紡ぎ・草木染・手織作品250×255cm)
DATA
開催日時 2017年3月1日(水)〜2017年5月31日(水)09:30〜17:00終了しました
開催場所 猪風来美術館
所在地 岡山県新見市法曽609
問合せ先 0867-75-2444
FAX 0867-75-2444
料金 一般400円 高校生200円 中学生以下無料(団体15名以上50円引き)
ホームページ http://www.ifurai.jp/
アクセス JR伯備線方谷駅より車で10分
駐車場 有り(無料)
資料(pdf) 「いのち満ちる〜女たちの縄文」チラシ
確定/予定 確定
詳細 休館日:毎週月曜日(祝日は開館し翌日休館)
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
猪風来美術館

猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)

広島県出身の日本を代表する縄文造形家猪風来の代表的野焼き作品を一堂に展示した美術館。旧法曽小...

戻る

|ページトップへ|