HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

企画展「夢二のねこと遒僚展−竹久夢二×水戸岡鋭治 Part供檗

きかくてん ゆめじのねことくろのすけてん たけひさゆめじ みとおかえいじ ぱーとつー

竹久夢二が描いたねこが現れた!

夢二のねこと遒僚展 チラシ表
夢二のねこと遒僚展 チラシ表
2016年のもうすぐ竹久夢二の命日(9月1日)というある日、車に轢かれそうになったところを当夢二郷土美術館の職員に救出されてやってきた黒ねこはまるで夢二の作品から飛び出してきたかのよう。肉球もまっ黒な福ねこに縁を感じた館長は12月に夢二の長男虹之助にちなんで「遒僚(くろのすけ)」と名付け、夢二郷土美術館のお庭番に任命しました。遒僚はきまぐれに当館本館の中庭に出勤しています。
竹久夢二(1884〜1934)は自然を愛し、身近な動物や植物を作品に多く描き、とりわけねこは挿絵や作品によく登場します。それは「夢二式」のかわいらしくどこか人間味のある独特なねこたち。本企画展は、心の詩を描き、生活美術の実現を信条とした総合芸術家である竹久夢二のデザインに注目し、今を輝くデザイナー・水戸岡鋭治氏(1947〜)との時代を超えたコラボレーション展第二弾となり、テーマは「ねこ」と「デザイン」。
「夢二は私達の師であり、近代日本の最高のデザイナーとして今もいき続けている総合的で創造的な人です。岡山の気候・自然・文化・食が生んだ芸術家です。」と語る水戸岡鋭治氏は竹久夢二と同じく岡山出身であり、「KURO×夢二電車」や「走るミニミュージアム夢二バス」を手がけるなど、竹久夢二の作品をデザインに取り入れて発信しています。今回水戸岡鋭治氏プロデュースによる夢二郷土美術館のお庭番の黒ねこ「遒僚」のキャラクターも発表し、展示室には「お庭番ねこ<遒僚>の部屋」も登場します!!
夢二のねこと遒僚展 チラシ裏
夢二のねこと遒僚展 チラシ裏
夢二郷土美術館本館
夢二郷土美術館本館
DATA
開催日時 2017年3月24日(金)〜2017年6月25日(日)09:00〜17:00
開催場所 夢二郷土美術館 本館
所在地 岡山市中区浜2丁目1-32
問合せ先 086-271-1000
FAX 086-271-1730
料金 大人700円、中高大学生400円、小学生300円 ※20名以上の団体、65歳以上の方は2割引。ゆめびぃ会員は無料です。割引の併用はできません。
ホームページ http://yumeji-art-museum.com/ex-honkan/
アクセス ・JR岡山駅より路面電車東山行き5分、城下下車徒歩15分 ・JR岡山駅より後楽園方面行きバス20分「蓬莱橋・夢二郷土美術館前」下車すぐ ・JR岡山駅よりタクシー10分・山陽自動車道岡山ICより車30分
駐車場 普通車10台 バス2台
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16:30まで。

【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
     ※ただしゴールデンウィーク5月1日(月)〜7日(日)は休まず開館。
     
◎イベントの詳細は、ホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
外観

夢二郷土美術館本館

岡山県出身の画家・竹久夢二の生誕100年を記念して夢二郷土美術館は後楽園近くに建てられました。赤...

戻る

|ページトップへ|