HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

稀代の版画師 立原位貫 木版画展

きだいのはんがし たちはらいぬき もくはんがてん

平成29年度特別企画展

稀代の版画師 立原位貫 木版画展 チラシ表
稀代の版画師 立原位貫 木版画展 チラシ表
平成27(2015)年7月、惜しまれながらこの世を去った立原位貫。ジャズのサックス奏者として活動していた立原は、25歳のとき、一枚の浮世絵に深い感銘を受け、江戸時代と同じ手法、絵の具、紙を独学で研究、再現し、それらを使って江戸時代の生き生きとした色彩を現代によみがえらせ、真の意味での浮世絵の復刻を成し遂げた唯一の画家です。また、オリジナルの創作版画では、詩情あふれる世界を作り上げ、夢枕獏や江國香織などの著作挿画も手掛けたことでも知られています。
本展では、没後3回忌を迎える節目の年として、津山市のM&Y記念館の充実した立原位貫コレクションの中から、復刻浮世絵版画、オリジナル版画、挿絵、版木などの資料100点余りを展示し、江戸の浮世絵に学んだ立原が私たちに伝えたかった「日本の木版画の美しさ」を改めて紹介します。
稀代の版画師 立原位貫 木版画展 チラシ裏
稀代の版画師 立原位貫 木版画展 チラシ裏
新見美術館
新見美術館
DATA
開催日時 2017年6月2日(金)〜2017年7月17日(月)09:30〜17:00
開催場所 新見美術館
所在地 岡山県新見市西方361
問合せ先 0867-72-7851
FAX 0867-72-7851
料金 観覧料:一般600円(500円) 、大学生400円(350円)、中高生250円(200円)、小学生150円(100円) ※( )内は15人以上の団体料金。障がい者手帳などをお持ちの方は半額。市内小中学生は観覧無料。高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料。
ホームページ http://www.geocities.jp/niimimoa/index.html
アクセス JR伯備線新見駅/徒歩10分、または中国自動車道新見IC/車10分
駐車場 普通車28台 バス2台
確定/予定 確定
詳細 ※入館は閉館30分前まで。

【休館日】月曜日(但し、7/17[月]は開館)

◎イベントの詳細は、ホームページをご覧ください。 
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
新見美術館

新見美術館

新見美術館は、郷土出身の横内正弘氏(故人)から寄贈を受けた美術品約350点をもとに、地域文化の向...

戻る

|ページトップへ|