HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選 父と娘 −2つの個性の煌めき−

かなたにてつろう かなたににおこ さくひんせん ちちとむすめ ふたつのこせいのきらめき

「岡山の美術」特別展示 「岡山の作家☆再発見后

金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選 チラシ表
金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選 チラシ表
金谷哲郎は1924年生まれの彫刻家で、日本美術家連盟会員。石や金属を素材として構築した独創的なモニュメントを創造、90歳を過ぎた今も精力的に活動しています。万成石の石切場近くのアトリエにおいて、山のように積まれた金属片や石を「宝の山」と称し、硬い素材を切ったり接合したり、完成作品を廃材にし、また再構成する姿は修行者のようです。彼の大作は公共空間にモニュメントとして設置されたものも多く、県内外のあちこちで見ることができます。
一方金谷哲郎の長女として生まれた朱尾子(1953−2004)は、岡山県立岡山朝日高等学校から京都市立芸術大学美術学部日本画科に進学し、日本画家として生きることを決めました。若干28歳にして第13回日展出品作《塔と人とうつろいと》で特選受賞、日展や女流画家展に出品を重ねます。岡山大学教育学部日本画教室講師も勤め、絵本の挿絵にも携わりました。的確な人物デッサンと構成力を基に、画家の内面性を強く反映した独自の人物表現を特徴とした作品を制作しましたが、2004年に51歳で他界。
父と娘は互いの造形性を尊重しつつも全く異なる芸術世界を模索し続けました。同じ屋根の下から生まれた数々の作品を通して、2人の制作活動の軌跡を紹介します。
金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選 チラシ裏
金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選 チラシ裏
岡山県立美術館
岡山県立美術館
DATA
開催日時 2017年5月24日(水)〜2017年6月25日(日)09:00〜17:00終了しました
開催場所 岡山県立美術館
所在地 岡山県岡山市北区天神町8-48
問合せ先 086-225-4800 (岡山県立美術館) 
FAX 086-224-0648
料金 一般350円、65歳以上170円、大学生250円、 高校生以下無料 ※学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください。20名以上の団体は当日券の2割引き。高校生以下の方、キャンパスメンバ―ズ制度加盟校の学生は無料です。
ホームページ http://okayama-kenbi.info/okabi_20170524_kana/
アクセス JR岡山駅/市内電車東山行きで5分/城下下車徒歩3分、山陽自動車道岡山IC/車20分、宇野バス四御神行,または瀬戸駅行/表町入口下車徒歩3分、岡電バス藤原団地行/美術館前下車すぐ
駐車場 地下駐車場:38台(入口は当館北側)、地下駐車場が満車の場合、臨時駐車場が開きます。(係の者がご案内します)
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16時30分まで。5月26日(金曜日)は19時まで開館。

【休館日】
 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
外観

岡山県立美術館

郷土にゆかりあるすぐれた美術品を収集・展示するとともに、内外の
芸術活動を紹介する展覧会...

戻る

|ページトップへ|