HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

和時計 −西洋の技、日本の心−

わどけい せいようのわざ にほんのこころ

平成29年度津山洋学資料館夏季企画展

和時計 −西洋の技、日本の心− チラシ表
和時計 −西洋の技、日本の心− チラシ表
いかにして日本は近代国家と成り得たのか?
洋学と共に日本の近代化を支えた機械技術の源流を探る


日本にもたらされた西洋の機巧(からくり)としては鉄砲が有名です。その鉄砲と同時期に時間を測る機械― 時計も日本に紹介されました。当時の職人たちはゼンマイや歯車、カムといった西洋からもたらされた仕組みを改良し、また、日本の不定時法に合わせた、どこにもない独自のもの― 和時計を作り上げたのです。
洋学という江戸時代に日本に移入された西洋の科学知識と、和時計に象徴される機械技術、これらは明治以降の近代化を支えた両輪といえるでしょう。
和時計 −西洋の技、日本の心− チラシ裏
和時計 −西洋の技、日本の心− チラシ裏
津山洋学資料館
津山洋学資料館
DATA
開催日時 2017年7月1日(土)〜2017年9月24日(日)09:00〜17:00
開催場所 津山洋学資料館 企画展示室
所在地 津山市西新町5
問合せ先 0868-23-3324 (津山洋学資料館)
FAX 0868-23-9864
料金 一般300円、高校・大学生200円、中学生以下無料 ※津山市内在住の65歳以上の方は無料。30人以上は団体割引(2割引)。
ホームページ http://www.tsuyama-yougaku.jp/gyoujiyotei.html
アクセス JR津山線津山駅/中鉄バス行方行きバス10分/松原向下車徒歩10分,市内循環ごんごバス/東松原下車徒歩1分 中国自動車道津山IC/車10分
駐車場 普通車10台
資料(pdf) 和時計 −西洋の技、日本の心− チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16:30まで。

【休館日】
 月曜日(祝日の場合は翌日)

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
外観

津山洋学資料館

江戸時代後期から明治・大正期にかけて、西洋の学問を研究し、近代国家の礎を築いた学者達の足跡を...

戻る

|ページトップへ|