HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

アートの今・岡山2017

あーとのいま おかやまにせんじゅうなな

平成29年度特別企画展

アートの今・岡山2017 チラシ
アートの今・岡山2017 チラシ
「アートの今・岡山」は、岡山における現代美術表現の「今」の姿を紹介する企画展です。
開催12回目となる今回は、日本の伝統技術「表装」の現代における新たな可能性に注目します。
古くから日本人の暮らしを彩り、書画を保護するための「表装」という技術があります。中国からつたえられた表装は日本文化の中で独自の発展を遂げてきました。長い歴史の中で様々な技術や美意識が培われ、それに伴い和紙や木工芸などの産業も発展してゆきました。日本の表装文化は、地域の風土や産業と密接に結びつき育まれてきたのです。しかし現在、日本人の暮らしの変化に伴い、表装は日常から切り離された特別な存在となりつつあり、技術を支える伝統産業と共に存続が危ぶまれる状況です。
一方で、書画を彩り引き立てる表装は、作品と一体化した表現として、画家や文化人によって様々な試みがなされてきました。竹久夢二は伝統的な日本画の技法を用いて新しい時代のスタイルを築きましたが、その精神は表装にも存分に発揮されています。表装の中に保たれてきた普遍的な美や機能性も、時代を切り開くクリエイターや新しい技術とともに進化を遂げてきたのです。
本展では、岡山の表具師と新進アーティストが、ともに考え対話を重ねながら現代美術と表装との融合を試みました。互いの表現や技術に対して「はじめまして。」の関係から始まる新しい創造。瑞々しい感性と伝統的な装いが織りなす洋魂和才の表現をご覧いただきます。
なお、夢二郷土美術館協力により展覧会趣旨に合った夢二作品とともに展観します。
アートの今・岡山2017 チラシ
アートの今・岡山2017 チラシ
アートの今・岡山2017 チラシ
アートの今・岡山2017 チラシ
新見美術館
新見美術館
DATA
開催日時 2017年9月9日(土)〜2017年10月9日(月)09:30〜17:00終了しました
開催場所 新見美術館
所在地 岡山県新見市西方361
問合せ先 0867-72-7851
FAX 0867-72-7851
料金 観覧料:一般400円(350円) 、中高生250円(200円)、小学生150円(100円) ※( )内は15人以上の団体料金。障がい者手帳などをお持ちの方は半額。市内小中学生は観覧無料。高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料。
ホームページ http://www.geocities.jp/niimimoa/index.html
アクセス JR伯備線新見駅/徒歩10分、または中国自動車道新見IC/車10分
駐車場 普通車28台 バス2台
資料(pdf) アートの今・岡山2017 チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は閉館30分前まで。

【休館日】
 月曜日(但し、9/18[月]・10/9[月]は開館)

【巡回スケジュール】
 日 時:平成29年11月11日(土)〜12月3日(日)
     10時00分〜18時00分(入館は17時30分まで)
 会 場:勝央美術文学館
 休館日:月曜日
 
◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。 
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
新見美術館

新見美術館

新見美術館は、郷土出身の横内正弘氏(故人)から寄贈を受けた美術品約350点をもとに、地域文化の向...

戻る

|ページトップへ|