HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

ひかりのかたち展2017

ひかりのかたちてんにせんじゅうなな

妖精の森ガラス美術館 平成29年度秋〜冬期収蔵作品展

ひかりのかたち展2017 チラシ表
ひかりのかたち展2017 チラシ表
昨年度に引き続き、今年度も妖精の森ガラス美術館の収蔵作品を公開する展覧会「ひかりのかたち展」を開催いたします。
妖精の森ガラス美術館は開館当初より定期的にガラス作家を招聘し、美術館オリジナルのウランガラス「妖精の森ガラス」で制作していただいた作品を収蔵しており、この展覧会はその収蔵作品を展示発表するもので、今年度は会期を前半、後半に分けて開催いたします。
前期は平成29年度春期企画展出展作家の奥野美果さんの重厚な作品「リング」、夏期企画展出展作家の野上真理子さんの華やかな作品「光の森」を中心として展示いたします。後期は美術館工房スタッフの日浦佑記、谷口絢香、三浦和の新作収蔵作品を中心に展示し、前後半どちらも技法やモチーフが異なる様々なガラス作家の作品を楽しめるような展示構成になっています。
展示作品はすべて妖精の森ガラスを使って制作されているので、紫外線を当てると幻想的に光ります。光り方はガラスの使い方、厚み、太さ、かたち等で様々な表情を見せ、中には「本当に同じガラスでできているのか?」と思ってしまうものも少なくありません。それだけ現代ガラス工芸の技法、表現方法が近年目を見張るほど幅広くなっている証拠でもあります。
こうしている今現在でも、作家たちは当美術館に収蔵してある作風だけに留まらず、自分自身の壁を越えようと切磋琢磨しています。
様々な作家たちの作品が響きあって紡ぐ「妖精の森ガラスの歩み」をご高覧ください。
ひかりのかたち展2017 チラシ裏
ひかりのかたち展2017 チラシ裏
妖精の森ガラス美術館
妖精の森ガラス美術館
DATA
開催日時 2017年10月18日(水)〜2018年4月15日(日)09:30〜17:00
開催場所 妖精の森ガラス美術館 2階企画展示室
所在地 岡山県苫田郡鏡野町上齋原666-5
問合せ先 0868-44-7888
FAX 0868-44-7889
料金 入館料:大人500(400)円、高校生400(300)円、小・中学生300(200)円、小学生未満無料 ※( )内は20名以上の団体料金。
ホームページ http://kanko.town.kagamino.lg.jp/fairywood/
アクセス 中国自動車道院庄ICよりR179を倉吉方面へ約40分
駐車場 30台
資料(pdf) ひかりのかたち展2017 チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16:30まで。

【開催日程】
 前半会期:2017年10月18日(水)〜2018年1月8日(月・祝)
 後半会期:2018年1月10日(水)〜2018年4月15日(日)

【休館日】
 毎週火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/29〜1/3)

【関連イベント】
◆吹きガラス体験
 今年も美術館オリジナルのウランガラス「妖精の森ガラス」を使った吹きガラス体験を開催します。
 [開催日程]
 平成29年9月16日(土)〜12月10日(日)
 平成30年1月13日(土)〜4月1日(日)
 ※期間中の毎週土、日、祝日
 
 [開催時間]
 9:30〜12:00/13:30〜17:00

 [体験料金]
 1個/4,500円(材料代、消費税込)

 [定 員]
 毎月先着10名

 [制作時間]
 1個あたり約30分

 [予約方法]
 ガラス美術館までお電話にてお申し込みください。
 TEL:0868-44-7888
 ※先着順。定員に達した場合はお断りする場合もあります。
  空席がある場合は当日でも受け付けます。

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
外観

妖精の森ガラス美術館

世界で初めてのウランガラス専門の美術館です。ここでは、19世紀のボヘミアガラスの名品から現代...

戻る

|ページトップへ|