HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

母袋俊也展《Koiga-Kubo》1993/2017 そして〈Qf〉

もたいとしやてん こいがくぼ 1993 2017 そしてきゅーえふ

MOTAI Toshiya Solo Exhibition

母袋俊也展 チラシ表
母袋俊也展 チラシ表
絵画表現におけるフォーマート(画面の縦横比)と精神(メッセージ)との相関をメインテーマにして絵画制作を展開している美術家・母袋俊也。
母袋は1999年、風景をさまざまのフォーマートの窓で切り取る野外作品<絵画のための見晴らし小屋>を開始、その切り取られた「光景」をモデルに「絵画」の制作を進めています。展示空間を飛び出すように、外の風景を取り込み、内外を結ぶインスタレーション作品として昇華されます。
それら横長フォーマート、偶数組、非中心性、水平性の作品群は<TA>系と名づけられ、正方形フォーマートの水平性にも垂直性にも中心を持ち、統合的な課題を果たそうとする<Qf>系とともに母袋絵画の主要な「系」を形成しています。
本展では、1993年に岡山県北西部の鯉が窪湿原を描いた《Koiga-Kubo》(12枚組)と今展のために同一フォーマートで描かれた新作《Koiga-Kubo》(6枚組)の新旧の〈TA〉系2点が、展示ギャラリー内で対面展示されることになります。また壁上部には空の絵<Himmmel Bild>が展示され、絵画作品の前面には<枠窓>が設営され、画面内の像は枠での切り取りによって新たな「像」を浮び上げることになります。小展示室では<Qf>系が対比的に展示されます。
国内外で個展やグループ展を開催する母袋にとって岡山では初個展になります。
母袋俊也展 チラシ裏
母袋俊也展 チラシ裏
奈義町現代美術館
奈義町現代美術館
DATA
開催日時 2017年10月21日(土)〜2017年12月3日(日)09:30〜17:00
開催場所 奈義町現代美術館ギャラリー
所在地 岡山県勝田郡奈義町豊沢441
問合せ先 0868-36-5811
FAX 0868-36-5855
料金 入館料:一般・大学生200円、高校生以下・75歳以上は無料 ※常設展と共通チケットをお求めの場合は通常料金700円。
ホームページ http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
アクセス JR津山駅/行方・馬桑行きバス30分/奈義町現代美術館前下車徒歩3分 中国自動車道美作IC,または津山IC/車20分
駐車場 普通車30台 バス2台
資料(pdf) 母袋俊也展 チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は午後4時30分まで。

【休館日】
 月曜日、祝日の翌日(11月4日[土]は開館、11月24日[金]は休館)

【関連イベント】
◆ARTIST × CAFE vol.69
 トークセッション「本展をめぐって」
 母袋俊也(美術家)×水沢勉(神奈川県立近代美術館館長)
 10月21日(土)午後2時30分〜午後4時30分 美術館喫茶室
 展覧会について語り合います。
 参加費:300円(入館料別途)

◆ギャラリートーク
 作家による作品解説 母袋俊也(美術家)
 12月3日(日)午後2時30分〜午後3時30分

◎イベントの詳細は、チラシをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
外観

奈義町現代美術館

世界的な建築家磯崎新氏プロデュースの美術館。国際的なアーティスト荒川修作+マドリン・ギンズ、...

戻る

|ページトップへ|