HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

野家の「山田方谷展」

のざきけのやまだほうこくてん

野家一般公開30周年記念事業

野家の「山田方谷展」 パンフレット
野家の「山田方谷展」 パンフレット
没後140年記念特別展
山田方谷(1805年〜1877年)は江戸時代末期から明治時代初期の漢学者で、備中松山藩士です。学者として藩に仕え、藩主板倉勝静(1823年〜1889年)のもとで藩政改革を断行し、大きな成功をおさめました。勝静が幕府の老中となると、その政治顧問として幕政にも関与しました。藩校有終館や方谷の私塾、そして備前の閑谷学校などで多くの子弟を教え、数々の優秀な人材を輩出しています。方谷は明治維新を境に教育に専念し、世に出ることを拒みましたが、その思想、手法、人材は次世代の大きな財産として残されました。
野家の3代目、野家武吉郎(号、龍山)・西毅一・中川横太郎の三者の交情は、“刎頸の交”として歴史に語り継がれ、これに三島中洲を加えると、四人はいずれも山田方谷の子弟もしくは強く薫陶を受けた人物でした。
また、山田方谷は明治七年十一月九日より十三日まで、野家に滞在し話合いを行なっています。
今回は、野家が所蔵している山田方谷の書(15点内初出展5点)を展示します。
旧野家住宅
旧野家住宅
DATA
開催日時 2017年9月14日(木)〜2017年11月26日(日)09:00〜16:30
開催場所 野家塩業歴史館(旧野家住宅)
所在地 岡山県倉敷市児島味野1-11-19
問合せ先 086-472-2001
FAX 086-472-2636
料金 大人500円、小・中学生300円 ※団体割引あり(30名様以上2割引)。高校生以下は土・日・祝日は無料です。
ホームページ http://www.nozakike.or.jp/
アクセス JR瀬戸大橋線児島駅/徒歩25分,または小川経由倉敷駅行きバス5分/大正橋下車徒歩5分、または瀬戸中央自動車道児島IC/車10分
駐車場 普通車36台 バス5台
資料(pdf) 野家の「山田方谷展」 パンフレット
確定/予定 確定
詳細 ※開館日は17:00閉門。

【休館日】
 毎週月曜日(但し祝日の時は翌日)、年末年始(12月25日〜1月1日)

◎イベントの詳細はパンフレット、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
土蔵群

旧野﨑家住宅

江戸後期に製塩業で財を成した野武左衛門が天保4年(1833)頃から建築した屋敷。約3000坪の敷地には...

戻る

|ページトップへ|