HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

春星館コレクション(京都の近世・近代日本画)−ある美術史家の視点−

しゅんせいかんこれくしょん きょうとのきんせい きんだいにほんが あるびじゅつしかのしてん

春星館コレクション(京都の近世・近代日本画) チラシ表
春星館コレクション(京都の近世・近代日本画) チラシ表
笠岡市立竹喬美術館では、これまで小野竹喬を中心として、京都の近代日本画をテーマとした展覧会を数多く開催してきました。また、竹喬とゆかりのある近世の四条派にも焦点をあて、竹喬芸術の礎となった四条派の系譜に連なる画家たちについても検証してきました。
竹喬は、自然に対する眼差しを常に持ち、その息吹きを看取して、自己の芸術へと昇華しました。しかし、竹喬芸術は、師である竹内栖鳳を経由した、近世から近代へ脈々と継承された四条派や、近世京都画壇の流れを汲んでおり、近代京都画壇を語るうえで、このことは等閑できません。
江戸時代が終焉し、文明開化を迎え、西欧から文物や思想が一気に流入したことも相まって、明治時代の終わり頃には、新たな日本画の創造を目指すさまざまな動きが現われてきます。このように、過去から現在へ、そして未来へと継承されていく日本画史の潮流の中で、時代を隔てるのではなく、近世絵画も包含して多角的に見ることは、近代日本画を理解するうえで、一番の近道になるのではないでしょうか。
数ある個人コレクションの中でも、春星館コレクションは、近世から近代へと連綿と続く日本画史を紐解くうえで、必要不可欠な作品を網羅しているコレクションといえます。美術史家として活躍中の春星館主人の洗練された視線を通じ、選りすぐられた作品群には、個々の画家の秀作といえる作品が揃っています。
このたび笠岡市立竹喬美術館では、この春星館コレクションの中から、近世・近代の京都画壇を彩った画家たちの作品をご紹介します。近世の松村月渓(呉春)、岡本豊彦、横山清暉、近代の幸野楳嶺、山元春挙、西山翠嶂など、美術史家の視線を通して蒐集された作品85点を一堂に会することで、近代日本画の底に流れる美意識を発見していただければ幸いです。
春星館コレクション(京都の近世・近代日本画) チラシ裏
春星館コレクション(京都の近世・近代日本画) チラシ裏
笠岡市立竹喬美術館
笠岡市立竹喬美術館
DATA
開催日時 2017年11月10日(金)〜2017年12月24日(日)09:30〜17:00
開催場所 笠岡市立竹喬美術館
所在地 岡山県笠岡市6番町1-17
問合せ先 0865-63-3967
FAX 0865-63-4496
料金 入館料:一般800(650)円 ※( )内は団体20名以上。高校生以下は無料(学生証を提示してください)。笠岡市内在住の65歳以上の方は無料、笠岡市外在住の65歳以上の方は団体料金(住所・年齢のわかるものを提示してください)。
ホームページ https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/9576.html
アクセス JR山陽本線笠岡駅/車5分,またはバス10分、山陽自動車道笠岡IC/車15分  
駐車場 普通車19台
資料(pdf) 春星館コレクション(京都の近世・近代日本画) チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16時30分まで。

【休館日】
 毎週月曜日

【関連イベント】
◆講演会
 「私の視点、近世絵画と近代絵画をつなぐもの ―春星館コレクション―」
 講師:木村重圭氏(美術史家)
 日時:11月26日(日曜日)13時30分〜15時
 会場:竹喬美術館視聴覚室
 ※聴講料は無料ですが、入館料が必要です。
  募集定員40名(要申込)
 
◆ギャラリートーク
 日時:12月3日(日曜日)、12月23日(土曜日・祝日)
    13時30分〜14時30分

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
笠岡市立竹喬美術館

笠岡市立竹喬美術館

笠岡市出身の日本画家小野竹喬(おのちっきょう)をたたえ、その功績を後世に伝えるために昭和57年(...

戻る

|ページトップへ|