HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

〈企画展〉むらかみよしこタペストリー展「いのちの原郷〜洞窟のこころ〜」

母なる大地〜縄文から洞窟壁画へ

「いのちの原郷〜洞窟のこころ〜」チラシ
「いのちの原郷〜洞窟のこころ〜」チラシ
私たちは内なる洞窟をもっている。
大地(地球)と一体の、すこし湿り気のある深い胎内。
あらゆる生命を宿らせ、休息させ、新しい生命を送り出してくれる原郷である。
暴力や力ずくで侵されることがあってはいけない。
清く美しいものがそこでは流れ、聖なる力が宿るところ。
疲れた者たちが憩い、光の世界で駆けた足を休ませ、
風に吹かれて生き抜いた魂をまどろませる。
昨年縄文式竪穴住居建設に携わった。丸い形の茅葺きの住居は母なる大地と心を結ぶ大地の子宮である。縄文の人々の死生観は土器や土偶の文様や形にも現れていて、命を育み産み出す大地の豊饒を願う祈りに満ちている。母なる大地の女神を敬うスピリットは世界中にあったようだ。洞窟壁画にもまた。今回縄文の竪穴住居と洞窟を貫く共通の心〜命の原郷に迫ることを意識して創作を開始。洞窟の壁に変幻出没する動物や生き物たちを縄文文様で織り込みながら暗い胎内を巡り時空を超えた命の世界を表現したいと思った。
染織家むらかみよしこの羊毛の手紡ぎ・草木染・綴れ織りによる最新作を中心に展示します。
DATA
開催日時 2018年3月1日(木)〜2018年5月27日(日)09:30〜17:00
開催場所 猪風来美術館
所在地 岡山県新見市法曽609
問合せ先 0867-75-2444
FAX 0867-75-2444
料金 一般400円 高校生200円 中学生以下無料(団体15名以上50円引き)
ホームページ http://www.ifurai.jp/
アクセス JR伯備線方谷駅より車で10分
駐車場 有り(無料)
資料(pdf) 「いのちの原郷〜洞窟のこころ〜」チラシ
確定/予定 確定
詳細 休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
猪風来美術館

猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)

広島県出身の日本を代表する縄文造形家猪風来の代表的野焼き作品を一堂に展示した美術館。旧法曽小...

戻る

|ページトップへ|