HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

ノスタルジア

ノスタルジア

夢二郷土美術館 本館 春の企画展

ノスタルジア チラシ
ノスタルジア チラシ
「ノスタルジア」をテーマに心の詩を描き続けた画家・竹久夢二(1884-1934)の世界をご紹介いたします。
竹久夢二は数え年で16歳までをふるさと岡山で過ごし、離れたふるさとへの想いを胸に描き続けた郷愁の画家とも称されています。その作品にはふるさとの情景、また失われゆく日本情緒、ほろびゆくものへの想いなどが表現され、現代を生きる私たちにも懐かしさを感じさせます。
特に自身の幼少期の記憶をたどるようにふるさとの風景や少年時代に遊んだ思い出は『中学世界』、『少女の友』、『少年の友』などの雑誌や『夢のふるさと』などを含む60冊近い著書などの挿絵や詩・文章に多く表現され、またデザインにもノスタルジックなモチーフを用いています。
このたび、歴史学者の磯田道史氏愛蔵の竹久夢二肉筆作品《少年の図》(当館寄託作品)を特別公開し、大正ロマンただよう肉筆作品を中心に、雑誌、楽譜などもあわせて展観いたします。また、春の特別展示として大正、昭和初期の人々の一年を描いた六曲一双屏風《十二ヵ月絵暦》、桜の花びら舞う中で遊ぶ舞妓たちを描いた軸作品《桜下五美人》を公開いたします。
夢二郷土美術館 本館
夢二郷土美術館 本館
夢二郷土美術館 本館
夢二郷土美術館 本館
DATA
開催日時 2018年3月21日(水)〜2018年6月24日(日)09:00〜17:00終了しました
開催場所 夢二郷土美術館 本館
所在地 岡山市中区浜2丁目1-32
問合せ先 086-271-1000 (夢二郷土美術館 本館)
FAX 086-271-1730
料金 大人800円、中高大学生400円、小学生300円 ※20名以上の団体は2割引。県内の65歳以上の方は1割引(年齢を証明できるものをご提示ください)。
ホームページ https://yumeji-art-museum.com/2018-honkan-nostalgia/
アクセス ・JR岡山駅より路面電車東山行き5分、城下下車徒歩15分 ・JR岡山駅より後楽園方面行きバス20分「蓬莱橋・夢二郷土美術館前」下車すぐ ・JR岡山駅よりタクシー10分・山陽自動車道岡山ICより車30分
駐車場 普通車10台 バス2台
資料(pdf) ノスタルジア チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16:30まで。3月21日(水)は10:00より開館。

【休館日】
 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
 ※ゴールデンウィーク中 4月24日(火)〜5月6日(日)は休まず開館。

【関連イベント】
◆特別ギャラリートーク
 [日 時]2018年3月21日(水・祝)10:30〜10:50
 [講 師]磯田道史氏(歴史学者、国際日本文化研究センター准教授)
 [申込み]不要。どなたでもご参加ください。
 [参加費]無料(※要入館料)

◆学芸員によるギャラリートーク
 [日 時]2018年4月7日(土)14:00〜14:20
 [講 師]当館館長代理・小嶋ひろみ
 [申込み]不要。どなたでもご参加ください。
 [参加費]無料(※要入館料)

◆夜の特別鑑賞会「宵の夢二 解説つきプレミアムツアー」
 [日 時]5月4日(金・祝)17:00〜18:00
 [申込み]前日までに要予約。※最少催行人数5名
 [参加費]一般1,300円、中高大学生900円、小学生800円

◆ワークショップ「夢二の椿を古裂でつくろう」
 [日 時]5月12日(土)11:00〜12:30 14:00〜15:30
 [講 師]岡洋子氏
 [定 員]各回15名(申込受付順)
 [参加費]2,000円(※入館料、材料費込。「art Café 夢二」でこだわりの紅茶付き。)

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
外観

夢二郷土美術館本館

岡山県出身の画家・竹久夢二の生誕100年を記念して夢二郷土美術館は後楽園近くに建てられました。赤...

戻る

|ページトップへ|