HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

サムライの纏うもの

さむらいのまとうもの

林原美術館 企画展

サムライの纏うもの チラシ表
サムライの纏うもの チラシ表
しがらみに纏わり付かれながら、信念を貫いたサムライは、生きるために様々なものを纏ってきました。着飾った装束や甲胃、陣羽織に始まり、火事の時には火事装束を身に纏って陣頭指揮をとっていました。また、腰物には所有者の教養の高さと精神性を、身だしなみを整える上で香を、戦に出たときのお守りとして御刀に神仏の加護を纏いました。さらに、嗜みとして、様々な古典を学び、芸能や武術にも長けていました。本展では、これらの自身が纏うものに加え、馬に纏わせていた鞍や鐙、火縄銃や御刀を保護するための鉄砲筒や刀筒も展覧いたします。こうした、サムライたちが纏ってきたものをご覧いただくことで、今、我々が纏っているものの意味を考える場を提供することができれば幸いです。
また、この度の展示におきまして、様々な機関と連携協力を行います。まず、カルチャーゾーン内の岡山県立博物館・岡山城天守閣と甲冑を軸とした連携展示を行います。同時に、岡山後楽園・野家塩業歴史館とともに「岡山後楽園能舞台復元60周年記念事業」を推進し、能装束や能面などを協力展示いたします。さらに関西大学との共同調査による成果として、サムライの教養について岡山藩主池田家資料の一部を初公開いたします。
こうした連携展示を通して、多様なサムライ文化をご紹介いたします。
サムライの纏うもの チラシ裏
サムライの纏うもの チラシ裏
林原美術館
林原美術館
DATA
開催日時 2018年4月21日(土)〜2018年6月17日(日)10:00〜17:00終了しました
開催場所 林原美術館
所在地 岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
問合せ先 086-223-1733 (林原美術館)
FAX 086-226-3089
料金 一般500円、高校生300円、中学生以下無料 ※障害者手帳提示の方・付添者は無料。団体(20名様以上)2割引。
ホームページ http://www.hayashibara-museumofart.jp/data/406/exhibition_tpl/
アクセス JR岡山駅/岡電高屋行き(県庁経由)バス15分/県庁前下車徒歩3分,または市内電車東山行きで5分/県庁通下車徒歩7分 山陽自動車道岡山IC/車20分
駐車場 普通車8台
資料(pdf) サムライの纏うもの チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館受付は16時30分まで。

【休館日】
 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

【関連イベント】
◆特別講演会「武士―戦士としての姿の変遷―」
 日 時:5月13日(日)13時半〜15時
 講 師:近藤好和 氏(國學院大学大学院非常勤講師)
 会 場:林原美術館ロビー
 定 員:50名(要予約)
 参加費:500円(入館料別途)

◆ワークショップ「匂ひ袋を作りましょう(香を楽しむ)」
 日 時:5月20日(日)
     5月27日(日)
     6月7日(木)
   ※各日2回(13時半〜14時半・15時〜16時)
 講 師:森脇亮介 氏(三香堂 専務取締役)
 場 所:林原美術館ロビー
 定 員:各回8名(要予約)
 参加費:1袋1,000円(お一人様5袋まで)
     ※入館料別途

◆ワークショップ「折り紙教室」
 講 師:釼持彰宏 氏(折り紙アーティスト)
 場 所:林原美術館ロビー
 定 員:各日30名(要予約)
 参加費:100円(付添者も対象)
     ※入館料別途(ただし、中学生以下は入館料無料)

【独眼竜政宗の兜】
 日 時:4月29日(日)
     5月3日(木・祝)
   ※両日とも13時半〜15時
 
【ピカチュウ(ポケモン)】
 日 時:6月3日(日)13時半〜15時

◆ギャラリートーク(学芸員によるギャラリートーク)
 会期中毎週土曜日 14時〜(約30分)
 ※リレー展示解説の日は15時〜となります。

◆リレー展示解説
 6月16日(土) 
 ※岡山県立博物館 13時〜、岡山城 14時〜、林原美術館 15時〜
 ※1日で各館の魅力を堪能することができます。

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
林原美術館 長屋門

林原美術館

昭和39年開館。旧岡山藩主池田家から引き継いだ大名道具類と、故林原一郎のコレクションを収蔵品...

戻る

|ページトップへ|