HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

陶芸の魔術師 宮川香山展 −浮彫と彩色の美−

とうげいのまじゅつし みやがわこうざんてん うきぼりとさいしきのび

陶芸の魔術師 宮川香山展 −浮彫と彩色の美− チラシ表
陶芸の魔術師 宮川香山展 −浮彫と彩色の美− チラシ表
浮彫による立体的な形状と色彩の美しさで人々を魅了し、比類ない技巧から陶芸の魔術師として知られる宮川香山。京都で茶陶を得意としていた真葛窯は、明治時代に貿易が自由化されたのをきっかけとして、初代宮川香山によって明治4年に横浜で開窯されました。そしてわずか5年後にはフィラデルフィア万国博覧会へ出品した作品が見事受賞し、その後も国内外で数々の大会にて受賞を重ねていきました。はじめは浮彫の写実的な技巧に傾倒していましたが、次第に釉下彩のグラデーションによる奥深い色調や独自開発した釉薬を駆使し、人々を魅了しました。また、明治29年には帝室技芸員に任命され、陶芸界を牽引する存在となっていきました。しかし、明治20年の横浜大空襲により、四代まで続いた横浜真葛窯は戦火とともに消え、今では「真葛窯変釉蟹彫刻壷花活」をはじめとする高浮彫の技術も謎のままとなっています。
今回は、浮彫の技巧が冴える陶芸品と彩色の美しい作品に着目し、横浜真葛焼の作品群を展覧します。
陶芸の魔術師 宮川香山展 −浮彫と彩色の美− チラシ裏
陶芸の魔術師 宮川香山展 −浮彫と彩色の美− チラシ裏
DATA
開催日時 2018年4月14日(土)〜2018年8月6日(月)10:00〜17:00
開催場所 岡山・吉兆庵美術館
所在地 岡山県岡山市北区幸町7-28
問合せ先 086-364-1005 (岡山・吉兆庵美術館)
料金 入館料(税込):大人・高校生600円、小・中学生300円、65歳以上480円
ホームページ http://www.kitchoan.co.jp/site/museum/info/events.html
アクセス JR岡山駅より駅前市役所通り南へ徒歩10分
駐車場 駐車場の台数が限られていますので、公共交通機関をご利用ください。
資料(pdf) 陶芸の魔術師 宮川香山展 −浮彫と彩色の美− チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16時30分まで。

【休館日】
 4月16日(月)、5月7日(月)・21日(月)、6月4日(月)・18日(月)、7月2日(月)

【関連イベント】
◆ギャラリートーク(要入館券/事前申込不要)
 [日時]平成30年5月19日(土)・6月2日(土) 
    各日午後2時〜(約20分〜30分)
 [場所]2階展示室

◎イベントの詳細はチラシ、またはホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット

吉兆庵美術館

温かみのある和風モダンな館内には、岡山県の誇る美術工芸品「備前焼」を常設展示しています。

戻る

|ページトップへ|