HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

コレクション展vol.39 郷土の画家シリーズ【第鬼】−桜満ちて牛嘶くか−

これくしょんてんぼりゅーむさんじゅうきゅうきょうどのがかしりーず【だいいっき】−さくらみちてうしいななくか−

「コレクション展vol.39 郷土の画家シリーズ【第鬼】−桜満ちて牛嘶くか−」
 当館の所蔵作品から、郷土ゆかりの作家を中心に紹介するシリーズです。
 共に2013(平成25)年に亡くなった勝央町出身の洋画家の水野恭子と高山始の作品を中心に紹介します。それぞれの作家が晩年精力的に取り組んだテーマ「桜」と「牛小屋」に焦点をあてて、その代表作を展示。他にも勝央町出身の福島金一郎や水野の師である勝央町出身の赤堀佐兵、高山始と関係の深い光風会岡山支部の作家たちの作品など20点あまりをあわせてご紹介いたします。

「小企画37 勝央文学散歩【第鬼】」
 当館の所蔵作品から、郷土ゆかりの文学に関わる人々の作品とその仕事を紹介。今回は、勝央町出身の文学者・木村毅(きむらき/1894-1979)と劇作家・額田六福(ぬかだろっぷく/1890-1948)にスポットを当て、それぞれの代表作、また話題の作品を展示します。
 また、六福の師である劇作家・岡本綺堂(おかもときどう)、六福の娘で映像翻訳家の額田やえ子(ぬかだやえこ)、勝央町出身の出版者・岡本(森部)経一(おかもときょういち)ら、ゆかりの人々をご紹介します。
DATA
開催日時 2018年4月21日(土)〜2018年7月1日(日)10:00〜18:00
開催場所 勝央美術文学館
所在地 岡山県勝田郡勝央町勝間田207-4
問合せ先 0868−38−0270
FAX 0868−38−0260
料金 一般200円、高校生・大学生150円、小学生・中学生100円※未就学児・65歳以上は無料(65歳以上は証明書要呈示))
ホームページ http://museum.town.shoo.lg.jp
アクセス JR岡山駅(津山線で1時間15分)→津山駅(姫新線15分)→勝間田駅下車徒歩15分
駐車場 あり
確定/予定 確定
詳細 ※入館は17時30分まで。

【休館日】
 月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
戻る

|ページトップへ|