HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

竹喬−落款(サイン)と印章をさぐる−

ちっきょう さいんといんしょうをさぐる

竹喬−落款(サイン)と印章をさぐる− チラシ表
竹喬−落款(サイン)と印章をさぐる− チラシ表
小野竹喬(1889〜1979)は、京都で竹内栖鳳(1864〜1942)に入門した当初、栖鳳から与えられた「竹橋」という雅号を使用していました。後に竹喬は、師の栖鳳がヨーロッパ視察を境にして「棲鳳」から「栖鳳」と改号したように、「竹橋」から「竹喬」とヨーロッパ留学を境にして改号しています。昭和54(1979)年の没年まで使用した「竹喬」という雅号は、大正12(1923)年から、50年以上も変えることなく使用し続けました。
「竹橋」や「竹喬」という落款(サイン)の書体は、時代とともに変化しており、書体をみることで作品の制作年代を推定することができます。制作年が明らかな作品を順に並べると、時代ごとの移り変わりがよくわかります。「橋」の漢字を使っていた時代を「はし・ちっきょう」の時代として、「竹喬」の時代と区別することがあります。漢字の書体という面では、「竹」の漢字が「升」のような書体となる時代もあり、「ます・ちっきょう」の時代と呼ばれています。
また、落款とともに使用した印章は、「竹橋」や「竹喬」、「林塢(りんう)」、「竹」といった印章があり、生涯を通じて使用した印章は、130種類以上を数えることができます。制作年ごとに作品を並べることで、竹喬がどの時代のどの印章を好んで使用したのか、また、大作のみに使用した印章や箱書にのみ使用した印章など、印章においても変遷をたどることができます。
作品を鑑賞する場合、従来は描かれた主題となるモチーフに関心が集まりがちでした。しかし、この展覧会では、少し視点を変え、竹喬が使用した落款と印章に焦点を当て、その時代変遷をたどります。どの時代にどのような落款や印章を使用したのか、という問いの答えを、竹喬作品を通じてご紹介します。
竹喬−落款(サイン)と印章をさぐる− チラシ裏
竹喬−落款(サイン)と印章をさぐる− チラシ裏
笠岡市立竹喬美術館
笠岡市立竹喬美術館
DATA
開催日時 2018年6月15日(金)〜2018年7月22日(日)09:30〜17:00
開催場所 笠岡市立竹喬美術館
所在地 岡山県笠岡市6番町1-17
問合せ先 0865-63-3967 (笠岡市立竹喬美術館)
FAX 0865-63-4496
料金 入館料:一般500(400)円 ※( )内は団体20名以上。高校生以下は無料(学生証を提示してください)。65歳以上は無料(年齢のわかるものを提示してください)。
ホームページ https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/14294.html
アクセス JR山陽本線笠岡駅/車5分,またはバス10分、山陽自動車道笠岡IC/車15分  
駐車場 普通車19台
資料(pdf) 竹喬−落款(サイン)と印章をさぐる− チラシ
確定/予定 確定
詳細 ※入館は16時30分まで。

【休館日】
 毎週月曜日
 ※但し、7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館します。

【関連イベント】
◆講座「竹喬の落款と印章の変遷」
 [日時]6月24日(日)13時30分〜15時
 [場所]竹喬美術館視聴覚室 
 [講師]柴田就平(当館学芸員) 
 [定員]定員40名
 ※事前申込をお願いします。

◆ギャラリートーク
 [日時]6月16日(土)、7月15日(日)
    13時30分〜14時30分 
    ※申込は不要です。

◆同時開催
 ・展示室A 西村更華など京都の日本画
 ・展示室B 池田清明など当館所蔵の油彩画

◎イベントの詳細は、ホームページをご覧ください。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
笠岡市立竹喬美術館

笠岡市立竹喬美術館

笠岡市出身の日本画家小野竹喬(おのちっきょう)をたたえ、その功績を後世に伝えるために昭和57年(...

戻る

|ページトップへ|