HOME>イベント

|前のページに戻る|

テーマで探す
自然・花・紅葉
アート展覧会・音楽
グルメ・定期市
花火・イルミネーション
祭り・伝統芸能
年中行事
スポーツ
体験
その他
カレンダーで探す

前の月へ

次の月へ

期間で探す

季節で探す
春(3月〜5月)
夏(6月〜8月)
秋(9月〜11月)
冬(12月〜2月)
エリアで探す
岡山エリアマップ
岡山
倉敷・総社・玉野・笠岡
備前・牛窓
津山・美作
新見・高梁・蒜山
市町村で探す
ワードで探す
上記条件で検索

特別試写会「手をなくした少女」

とくべつししゃかい てをなくしたしょうじょ

大人のためのグリム童話

特別試写会「手をなくした少女」 チラシ表
特別試写会「手をなくした少女」 チラシ表
19世紀初頭にグリム兄弟によって書かれたドイツの民話集「グリム童話」は、160以上の言語に翻訳され聖書に並ぶといわれるほど世界中で読み継がれてきた。だが、その元になった民話には多くの残酷な場面や性的な事柄が含まれており、“本当は恐ろしい”童話として、日本でも大人向けに長年注目を集めてきた。本作は「グリム童話」に初版から収録されている民話「手なしむすめ」を、新たによみがえらせた傑作アニメーションだ。
ヒロインの少女は悪魔の企みで両腕を奪われ、数奇な運命に翻弄されながらも、旅の中で豊かな自然―水、太陽、果実に助けられ、自分だけの幸せを見出していく。その生命力にあふれ、しなやかな生き方を、現代的な視点で描くのはフランスのセバスチャン・ローデンバック監督だ。故・高畑勲監督の実験精神に敬意を表する監督は、本作で驚嘆の作画技法「クリプトキノグラフィー」を用い、長編でありながら全ての作画をたったひとりで手がけた。まるで線そのものが命を持ち、呼吸するかのような美しい映像に、思わず息を呑む。そして、王子との結婚の先に少女を待ち受ける思いがけない物語の展開は、原作とは異なる監督ならではのラストへと観客を誘っていくだろう。
特別試写会「手をなくした少女」 チラシ裏
特別試写会「手をなくした少女」 チラシ裏
DATA
開催日時 2018年6月30日(土)
開催場所 奈義町文化センター201
所在地 岡山県勝田郡奈義町豊沢327-1
問合せ先 0868-20-1661 (一般社団法人ナギカラ)
FAX 0868-20-1991
料金 入場無料 ※事前申し込みが必要です。
ホームページ http://nagikara.jp/2018/06/nmc3/
アクセス JR津山線津山駅/行方・馬桑行きバス30分/奈義町現代美術館前下車徒歩3分、中国自動車道美作IC,または津山IC/車20分
駐車場 普通車150台
資料(pdf) 特別試写会「手をなくした少女」 チラシ
確定/予定 確定
詳細 【時 間】
 13:00 開場
 13:30 開演
 ※上映後は、セバスチャン・ローデンバック監督と深田晃司監督(「海を駆ける」)による舞台挨拶があります。

【定 員】
 70名
 ※事前申し込みが必要です。定員に達し次第、受付終了。

【関連イベント】
◆セバスチャン・ローデンバック監督のアフタートーク
 [日時]2018年6月30日(土)16:00〜18:00
 [会場]奈義町現代美術館カフェ(岡山県勝田郡奈義町豊沢441)
 入場無料/定員:25名

【お申込み方法】
 ご予約は電話かメールにて承ります。
 メールでご予約の方は、次の項目をご記入ください。
 1.お名前 2.ご連絡先(電話番号) 
 3.人数(高校生以下の方が参加される場合はその人数もお知らせください)
 4.参加希望されるイベント(特別試写会、セバスチャン・ローデンバック監督のアフタートーク)

【お申し込み・お問い合わせ】
 一般社団法人ナギカラ
 〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢299-11
 TEL:0868-20-1661/FAX:0868-20-1991
 Mail:info@nagikara.jp
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に主催者へ電話等でご確認ください。
周辺のおすすめスポット
戻る

|ページトップへ|