テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


経山城跡 (きょうやまじょうあと)

概要
特徴 標高約372mの経山にあります。
城の講造は「回字型」単郭の変形したものと考えられ,要所には石垣,土塁が設けられ,一部空堀が掘削され,堅固な城構えを残しています。
所在地 岡山県総社市黒尾
TEL  
アクセス JR総社駅から車30分下車徒歩60分/
岡山自動車道岡山総社ICから車30分下車徒歩60分
駐車場
主な城と城跡
完成年月日 天文年間(1532〜1555)
指定 市指定
所有者 総社市
種類 中世山城
その他 天文年間(1532〜1555年)に大内義隆によって築かれ,その後毛利氏の所領となり,二階堂氏,中島氏と城代を置き,東辺の押さえとしました。天正10年(1582年)の高松城水攻めの後,この地が宇喜多氏の領地になったときに廃城したと考えられています。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る