テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


和氣神社(和気神社) (わけじんじゃ)

概要 祭神は和気清麻呂・和気広虫・和気清麻呂の祖6柱・応神天皇。旧社格は県社。宇佐八幡宮神託事件(道鏡事件)で活躍した和気清麻呂を祀る神社として親しまれている。
拝殿前には全国的にも珍しい狛亥(イノシシ)がある。これは猪が清麻呂の宇佐神宮参拝の際に護衛を行ったり、足を患った際に霊泉に案内したとされ、以来、猪は清麻呂の守護とされてきたことに由来する。
ご神徳は足腰・健康の守護、厄除開運・災い除けなど。また、わが国最初の孤児院を開設した和気広虫に由来して、安産(子供の守り神)としても敬われている。
明治初期に邑久大工 田淵勝義の技をかけて建築された一連の社殿は、和気町指定文化財になっている。
特徴
所在地 岡山県和気郡和気町藤野1385
TEL 0869-93-3910
アクセス JR山陽本線和気駅/車10分
山陽自動車道和気IC/車15分
駐車場 普通車600台
主な神社
神名 鐸石別命
和気清麻呂公
和気広虫姫
その他6柱
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る