テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


羽黒神社 (はぐろじんじゃ)

概要 1658年、備中松山藩主・水谷勝隆が玉島港を開く際、干拓工事の成功を祈って出羽の羽黒神社を勧請した神社。
門前に開かれた港が瀬戸内有数の交易拠点へと発展し、羽黒神社を中心に玉島の街が形づくられた。修験道が盛んな羽黒山の象徴「からす天狗」が拝殿の屋根に飾られている。瓦となって社殿を護るからす天狗様や本殿の屋根を支える木組みと彫刻、拝殿前の羅針盤など造形も見どころ。
特徴 本殿そばの「むすびの松」は、2股の枝が二重に結ばれ、ハートの形に見えることから縁結びスポットとしても有名。
所在地 岡山県倉敷市玉島中央町1-12-1
TEL 086-522-2695
アクセス JR山陽本線新倉敷駅/車7分
山陽自動車道玉島IC/車20分
駐車場 普通車10台
主な神社
神名 大国主命
素盞鳴命
玉依姫命
事代主命
境内末社
菅原天満神社
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る