テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


五流尊瀧院 (ごりゅうそんりゅういん)

概要 約1300年余り前に修験道の祖・役行者が霊夢の導きにより児島に上陸し、ご神体を安置して新熊野三山を開き、その高弟5人が尊瀧院、太法院など5つの寺院を設けたのが五流の始まりです。今なお正統修験の総本山です。
特徴 後鳥羽上皇の遺骨を納めた石造宝塔は国の重要文化財です。
所在地 岡山県倉敷市林952
TEL 086-485-0027
アクセス JR瀬戸大橋線木見駅/徒歩20分,または茶屋町下車タクシー10分
瀬戸中央自動車道水島IC/車5分
駐車場 普通車50台
バス5台
主な仏閣
種類 修験道
石造美術
指定 国指定
所有者 五流尊瀧院
規模(数量) 1基
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る