テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


清水寺 (せいすいじ)

概要 真言宗の古刹。奈良時代の天平8年(736)、越後の僧侶智泰澄により開基されたと伝えられています。本尊は十一面観世音菩薩。応永11年(1404)の紀年名のある鰐口が伝わり、室町時代初期の作と推定される仁王像が山門に安置されています。仁王像は岡山県の指定文化財。「夜泣きの鐘」と呼ばれる梵鐘は真庭市指定文化財です。
特徴
所在地 岡山県真庭市関4849
TEL 0867-54-0501
アクセス JR姫新線美作落合駅/車30分
中国自動車道北房IC/車10分
駐車場 普通車100台
バス10台
主な仏閣
種類 高野山真言宗
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る